恵比寿かたリラックスの坐骨神経痛の足ツボ



かたリラックス 聞いて・試して 身体のゆがみ情報館 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

坐骨神経痛ならかたリラックスにお任せください

足首ストレッチ

坐骨神経痛ストレッチ-足首

足首

坐骨神経痛は急性と亜急性・慢性期に大別されます
亜急性期までは、ストレッチや運動はしない方が良いですが、
慢性期の坐骨神経痛は、ストレッチをお薦めいたします。
腹筋や背筋を鍛えるよりも 股関節・骨盤の動きをつけることが重要です。

これと一緒に足首より下のケアもしましょう。
(姿勢が辛くなかったら亜急性期の人も大丈夫です)
腰痛・足や尻のしびれや痛みがでていると、歩き方が偏ってくる、それにより足裏に負担が掛かってきます。
足首が堅くなり、足指が自由に動かなくなると、冷えに繋がって全身の血行が悪くなる。
坐骨神経痛の悪循環に陥ってしまうので、股関節・骨盤の可動性をつけると供に足首と足裏を柔らかくしましょう。
痛みのない人でも、一日中靴をはいてる人や高くて狭いヒールを履いている女性は、足関節や足指がうごかなくなっています。足をケアして下さい。
足の裏には身体の反射区があり、足ツボの刺激で身体のその部分が快調になると言われています。
PC作業で目が疲れた時に目にツボを刺激したり、胃の不調に胃のツボで解消されるようです。

足関節

セルフ足首ストレッチ
・素足か5本指靴下を履く
・足指と反対側の手の指で、奥までがっしりと握手する
・足首を支点に大きく右回し・左回し10回ずつ
・足の甲を伸ばす
・踵を出す
・手の指と足指同時にぎゅっとにぎる、力を緩める
・足指を2本ずつ横に広げる
・足指を2本ずつ縦にさく
・足裏の押圧
・反対側の足も同様に行う
足首・足指・足裏の柔軟性は、腰痛・坐骨神経痛解消や予防の効果もあるが、健康になる・自分でケアするという意識が高くなります。
その日の体調により足首が回りにくいとか・足裏が堅い・足裏の色がいつもと違うと気がつきます。体調管理にもなります。

足握る
甲伸ばす
踵出す
指開く
指さく
足指押す

渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160