出産後の腰痛は、お任せください



かたリラックス 聞いて・試して 身体のゆがみ情報館 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

坐骨神経痛の得意な恵比寿のかたリラックスです

産後の腰痛

産後の腰痛の知識と改善法

家族に赤ちゃんが増えた喜びは大きいですが、お母様の身体の負担も大きいです。
出産後、赤ちゃんを抱く姿勢は、骨盤が前傾するため、腰に大きな負担が掛ります。 
産後に、腰痛・尾骨の痛み・脚のしびれ・股関節周辺の痛み・違和感、
恥骨周辺の痛みがある方が多いです。
出産時に開いた骨盤は、出産後に閉じて元の状態になるのですが、
閉じきらずに開いたままや、歪んだ状態で閉じてしまうことが多いです。
なので出産後は、骨盤の矯正が必要です。
(もちろん出産前に骨盤の歪みを整えておくことも大切です)

どうしても育児は、骨盤のゆがみを作ってしまいます。
赤ちゃんをベッドから抱き上げたり・授乳・入浴など、左右均等の動きではなく、
ほとんどが前傾姿勢です。
出産直後はホルモンの関係で、骨盤まわりの靭帯が緩んでいるので骨盤自体はゆる状態なのです。
また、全身の筋肉も少なくなっていますし、特に腹筋は弱くなっていますので、
出産直後の育児で掛かる負担は、より大きなものになります。
それが慢性腰痛や肩こりの原因にもなってきます。

ゆるくなった骨盤は、産後6ヶ月ぐらいで徐々に元に戻ってきますので、それまでに良い状態に骨盤をリセットしておきましょう。
出産時、骨盤を開くために、『靭帯』を緩くさせる働きのあるホルモンが分泌されます。
産後8週間程このホルモンの影響を受けていますので、この時期におこなう骨盤矯正は効果的ではないです。
産後6〜8週間は産褥期で、身体が回復していく時期です。
産後約1ヶ月、家族に協力してもらってゆっくりと身体を休めて下さい。
産後のカイロプラクティックは、この時期をはずした産後2ヶ月後以降に来院下さい。

痛みの他にも、下記のような事はないでしょうか。
産後の骨盤の違和感
・ 妊娠前のズボンがきつくなった
・ 体型・体重が戻らない

このような方には、
弱った腹筋がもたらしたアンバランスな筋肉の硬さをとり、全身のバランスを整えていきます。
妊娠中に眠っていた筋肉が目覚め始めると基礎代謝が上がってきて、、
一種のダイエット効果をもたらします。
また、硬くなった全身の筋肉を緩めることで血行が良くなりますので、充分リラックスできると思います。

出産時に、赤ちゃんは狭い産道を通って生まれてきます。
この時【骨盤底筋群】という産道周辺の筋肉がダメージを受けてしまいます。
【骨盤底筋群とは】
尿道・膣・肛門を開閉する時に使う筋肉群です。
場所は、恥骨と尾骨の間で、膀胱・子宮・直腸を包むように張った筋肉です。
お腹を引き締める働きがあり、姿勢を保ち、底から内臓を支えています。
収縮力が弱くなると、尿道を十分に締められなくなり、尿失禁(腹圧性尿失禁)を引き起こします。

★自分でできる予防・改善法をご紹介します。
例えば、尿を我慢しようとしてください。
上にもちあがるように動く筋肉があります。これが骨盤底筋群です。
鍛えることでトラブルを減らすことができます。

●強化するために、肛門と膣を5秒〜6秒間閉める・緩めるを繰り返しおこなう。
立位でも座位でも仰向けでもよいので、
1. 肛門と尿道周辺を5秒〜6秒強く締める
2. 息を吸いながら骨盤底筋を引き揚げるようにイメージして5秒〜6秒維持
3. 力を抜く
4. 30秒間休憩
繰り返し10回程、 毎日朝・昼・夕・就寝前に行うのが理想的です。

また、骨盤の引き締めが重要です。
産後1ヶ月後には、多少運動を行っても大丈夫な頃ですので、無理せず骨盤を上下、左右、前後に動かしましょう。
タヒチアンダンスのような骨盤の動きです。
生ゴム製の骨盤バンドを、股関節より少し上に巻き、ゆっくりした動きですると、骨盤の引き締めにも効果的です。
しかし、無理な運動は逆効果です。
出産で骨盤に大きな負担を掛けた為に、
仙腸関節や恥骨結合部に外傷ができたり、大腰筋が弱くなり骨盤が不安定な状態なので、
無理な運動は腰痛や色々な問題が発症します。
くれぐれも注意してください。

渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160