坐骨神経痛や顎関節の渋谷のかたリラックス



かたリラックス 聞いて・試して 身体のゆがみ情報館 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

坐骨神経痛と一緒に顎関節を調整して健康になりましょう。かたリラックスにお任せください

顎関節

顎関節

顎関節は、顎を動かしたとき、顎の関節部や周囲の筋肉に変な音や痛みなどの不快感があらわれるものです。
主因は、噛み癖・ストレス・不正咬合などによる噛み合わせのズレです。
しかしあらわれ方によっては、肩こり・耳鳴り・頭痛・手足のしびれ・めまいといった他のことが予想されるものもあります。
坐骨神経痛の足のしびれとは感じ方が多少違います。
多くの場合、咬みあわせに問題があり顎の関節に問題が生じることです。
顎がだるい、顎が痛い、口が開けにくい、口が開かない、口を開けるときに顎の関節(耳の前あたり)で音がする、などです。
時には頭、首、肩、腰に出る場合もありますが、これらは間接的なことなので、その関係を確認することは難しいようです。
顎の関節は両方の耳の前にあって、左右同時に動きます。
この動きは複雑で、本当にバランスよく働いているていると言ってもよいでしょう。
この危うい平衡状態が崩れたとき、いわゆる顎関節が起こります。

最近、歯科ではむし歯や歯槽膿漏に続く重要な病気としてクローズアップされてきています。
顎関節という関節が両耳の前の方にあって、下顎の骨を動かしています
他の手や足の関節と異なって、左右対称についた2つの関節で1つの骨を動かすという非常に複雑な運動をしています。
上下の歯をかみ合わせる、あごを前後・左右に動かすという運動です。
その原因としては、良くない咬みあわせやストレス等が挙げられていますが、まだ完全にはわかっていません。
むし歯や歯槽膿漏をそのままにしておいたり、施術した所が壊れたりしてかみ合わせが狂ってしまった場合や、歯並びが良くなくてかみ合わせがおかしいような場合に症状が出てくることが多いです。
また、人間は緊張すると歯をくいしばったり、歯ぎしりをしたりしますが
顎関節や顎を動かす筋肉に異常な負担を強いることになります。これも、様々なものが出てきます。
ストレスがきっかけで発症したり、増悪したりします。顎関節が現代病といわれる所以です。
物を咬むことに関係する筋肉は、頭のてっぺんから鎖骨や肩甲骨の部分までずっとついています。
つまり、頭や顔、あご、首の部分に分布しています。
かみ合わせがおかしかったり、ストレスがあったりすると、
これらの筋肉の一部が異常に使われ、過労の状態になり筋肉痛が生じます。
それが頭痛や首のこり、肩こり、顎がだるい等を感じます。
頭蓋骨の横 頭蓋骨の正面
●代表的な例
あごの関節に何らかの異常があり、「あごが痛い」「あごが鳴る」「口が大きく開けにくい」などです。
いくつかが同時に現れます。

(1) あごが痛む
顎関節および周辺の頬やこめかみの痛み。
口の開け閉め、食べ物を噛むときなど、あごを動かした時に痛むのが特徴。
あごの動きに関係なく痛む場合は他の病気の可能性が高い。

(2) 口が大きく開けられない
正常な人は縦に指3本分入るが、指が2本程度もしくはそれ以下しか入らない。
あごを動かすと痛むので無意識に動きを抑えてしまっている場合と、
顎関節の異常で口が大きく開けられない場合とがある。
いきなり口が開かなくなる場合も、徐々に開きづらくなっていく場合もある。

(3) あごを動かすと音がする
あごを動かした時に耳の前あたりで「カクカク」音がする。
「ジャリジャリ」「ミシミシ」といった音の場合もある。
症状が音だけの場合は顎関節予備軍と言えるが、
施術は必要ないと思われる。

(4) 噛み合わせに違和感がある
あごの関節や筋肉に問題が起こると、あごの動きに変化が生じて噛み合わせが変わることがある。
急に噛み合せが変わったように感じるときは顎関節の疑いがある。

(5)口を完全に閉じることができない
非常に稀だが、あごの関節内の構造の異常のため上下の歯列の間に隙間ができて、
口が完全に閉じられなくなる場合がある。

●その他
かみ合わせがおかしかったり、ストレスがあったりすると、これらの筋肉の一部が異常に使われ、
過労の状態になり筋肉痛が生じます。
それが頭痛や首のこり、肩こり、顎がだるい等があらわれるのです。
代表的なものにも、顎周辺だけでなく全身の様々な部位に現れることもあります。

頭痛、首や肩・背中の痛み、腰痛、肩こりなど
耳の痛み、耳鳴り、耳が詰まった感じ、難聴、めまい
眼の疲れ、充血、流涙
歯の痛み、舌の痛み、味覚の異常、口の乾燥感
嚥下困難、呼吸困難、四肢のしびれ
《咀嚼筋の痛み》 咀嚼筋(咬筋、側頭筋、顎二腹筋など)の筋痛や圧痛

《顎関節雑音》 開口時の下顎の偏位などの側方運動の障害および咬むときにカクカクと音がする関節雑音(クリック音)

《顎関節の痛み》
顎の運動時の顎関節部の疼痛(運動痛・関節部圧痛)

《開口障害》 口が開かないなどの開口障害

《その他》めまい、不眠、手のしびれ、耳や目などに見られることがあります。

●原因
◆内因性外傷(咬合異常)
たとえばかぶせた金属やプラスチックの高さ・形態に問題があり、きちんとした咬み合わせになっていないなど。
◆外因性外傷
下顎の過剰運動、打撲、異常習癖(頬杖を付く、片側だけで物を咬む)。
◆咀嚼筋の異常緊張
咀嚼筋が何らかの原因で緊張し関節に負担をおこす。
◆その他
精神的なストレス、心因性の因子が関与することもあるとされる。

●顎関節の構造
顎関節は左右に一つずつあり、頭の骨のくぼみに、下顎の骨の突き出た部分が、はまり込むような構造になって います。
顎を動かした時に、よく動く両耳の前の部分が顎関節です。
頭の骨(側頭骨)のくぼみは、耳のすぐ前あたりにある下顎窩というへこみと、
その前にある関節隆起という出っ張りから成っています。
そのくぼみに下顎の骨のつき出た部分、下顎頭がはまり込んでいます。
下顎窩と下顎頭の間には、関節円板というクッションの役目をする組織があり、
骨同士が直接こすれ合わないようになっています。
関節円板はコラーゲンという膠原繊維でできている野球帽のつばを狭くしたような帯状のもので、
その端は下顎頭の内と外に連結されていますが、前後にはあまり強く連結されていません。
下顎窩のくぼみと下顎頭の間にはさまれるように位置し、
顎の動きにつれて下顎頭の内と外の連結部分を軸にして前後に回転し、
下顎頭の先と一緒に動いて口の開閉時の圧力を吸収しスムーズに動けるようにする働きをしています。
これらの関節組織は関節包という線維性の膜に取り巻かれていて、
関節包の内面には滑膜から滑液が分泌されて、
潤滑油の働きをするとともに関節円板や骨の表面の線維軟骨に栄養を運んでいます。
関節包の外側には外側靱帯があり、上下の骨を連結しています。

●関節円板はズレやすい
関節円板は前後の連結がゆるやかになっているために前後に動きやすく、
関節円板の後部組織が伸びやすい構造になっています。
関節円板が前後に動いているうちに後部組織が伸びてしまい、
関節円板が前方にずれたままになってしまうと、口を開け閉めするときに「カクカク」音がしたり、
口が開けずらくなる症状が出てきます。

●顎関節のタイプ

顎関節のタイプは、その障害のある部分によっていくつかに分けられています。

(1) 筋肉の障害によって起こるタイプ
筋肉が何らかの原因で緊張して硬くなり血液の循環が悪くなるために痛みを生じる。
頬やこめかみのあたりが痛むが、痛みは鈍く部位を特定しにくい。頭部、首、肩など離れたところに関連の痛みが起こる。

(2) 関節包・靱帯の障害によって起こるタイプ
顎関節の関節包みや靱帯などの線維組織に力が加わって捻挫を起したようになり痛みを生じる。
関節包炎、滑膜炎などを起し、あごを動かすと顎関節部が痛む。

(3) 関節円板の障害によって起こるタイプ
関節円板が本来の位置から、前にズレたままになってしまう状態。

<カクカク音>
口を閉じたとき本来は下顎窩の中にあるべき関節円板が、下顎窩の前方にズレて出てしまっている。
口を開けようとすると回転して前にすべり出してきた下顎頭が関節円板の下に強引にもぐり込み、
上に乗せたときに「カクン」と音が出る(クリック)。
口を閉じるときに下顎頭から関節円板が外れるときも同様に音が出る。
(口を開けたときには関節円板が本来の位置に戻る)

<口が大きく開けられない>
さらに進むと、口を開けようとするとき前に出ようとする下顎頭が関節円板の下にもぐり込めなくなり
関節円板を上に乗せられなくなる。
こうなると関節円板が邪魔して下顎頭が下顎窩の前に出られなくなるので
口が大きく開けられなくなる。(クリック音はしない)

(口を開けたときも関節円板が本来の位置に戻らない)

(4)変形性関節によって起こるタイプ
顎関節に繰り返し強い負荷がかけられたり、長い間続いたときに、
下顎頭の表面が吸収されてその回りに新しい骨がつくられることがある。
口を開け閉めすると「ゴリゴリ」「ジャリジャリ」といった音がして、顎関節が痛む。
骨の変形は必ずしも異常な変化ではなく感じない場合もあり、またある程度進むと止まる場合が多い。

●顎関節の施術方法
カイロプラクティック・歯科の施術と伴に、セルフケアが大切です。
顎関節は生活習慣病的な部分が大きいため、セルフケアがとても大事です。
顎関節を起している歯ぎしりや、片噛み等の悪習癖やそれを誘発する背景などを把握して、
改善しなければ根本的な施術にはならないです。再発の予防にもなります。
顎関節の矯正
◆歯を接触させない
くいしばりをしないようにする。
上下の歯が接触するのは物を噛むときだけで、通常時は歯を接触させないようにして余計な負担をかけないようにする。

◆硬いものは食べない
痛みや口が開けづらい症状がある場合は、しばらくは硬いものを食べないよう注意する

◆口を大きく開けない
無理に口を大きく開けない。食べ物を小さく切ったり、会話中や、あくびや歯科施術などにも注意。

◆マッサージ
あごの筋肉が痛むときはマッサージをすると血行がよくなり痛みが軽減される。
強く揉みすぎない。

◆よい姿勢を保つ
立つ姿勢や座る姿勢を正しく。猫背やあごを突き出す姿勢になっていないか注意する。
同じ姿勢を長時間続けないようにし、ときどきストレッチなどをする。

◆うつ伏せ寝をしない
うつ伏せは顎や首の筋肉に負担がかかるので、できるだけ仰向けで寝るようにする。
高い枕は避ける。

◆あごの運動をする
関節や筋肉の痛みが緩和されたら、少しずつ顎の運動を行う。
(口の開閉など)や顎を横に動かしたり、首や肩のストレッチをする。
医師に相談して顎の筋肉エクササイズなどを症状をみながら行う。

◆リラクゼーション
緊張をほぐし、顎に負担をかけないようにする。
仕事などで長時間緊張が続くような場合は、ときどき緊張を解いて筋肉を休ませる。
意識的に筋肉の力を抜いていくリラクゼーションなどを行うのもよい。
また過度なストレスがかからないようにする。

◆あごに負担をかけない生活
歯を食いしばるスポーツ、管楽器の演奏、口を大きく開ける発声練習などにも注意。
頬杖をつかない、食べ物は両奥歯で噛む、など顎に負担をかけないように。

↑ ページのトップへ

渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160