坐骨神経痛のかたリラックスのO脚矯正について



かたリラックス 聞いて・試して 身体のゆがみ情報館 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

しびれの出る坐骨神経痛の前にかたリラックスは身体を調整します

O脚矯正

女性限定(初回70分・次回60分) 8480円
O脚コースは、リピーターさんのみ施術させていただいております。
O脚の相談は、カイロプラクティックコースで承っています。

O脚矯正

O脚は、改善しないと諦めていませんか。
先天的なO脚でない限り、カイロプラクティックの矯正でかなり改善します。(年齢にもよります)

骨が曲がっているように見えますが、骨は曲がっていません。
床に座り、脚を真っ直ぐ伸ばして、足を背屈してみます。
膝下から親指までの盛り上がったすね(脛骨)をなぞってもらうと、分かりやすいです。
骨は、足の親指まで真っ直ぐ伸びています。

日本人は、O脚が多いと言われています。
それは、日本人特有の生活習慣が深く関わっています。
欧米人のように、椅子の生活をしていればO脚が少ないです。
普段の生活習慣の中で、例えば正座を崩す横座り・ペタンコ座り・両膝を立てて座る体育座り・椅子に座っている時に脚を組む、立っている時に片方に重心をかける、内股や外股で歩く、などの偏った癖や習慣により、骨盤・仙骨・股関節・筋肉などのアンバランスからO脚になる人が最も多いと思います。

O脚は、見た目に美しくないばかりでなく、身体に様々な影響がでてきます。
O脚の改善は、筋肉のバランスが整い、血行やリンパの流れも整い、むくみや冷え性、生理痛、便秘、脚やせ、ヒップアップなどの効果も期待できます。
さらに、全身のバランスが整うことで、身体は正常に機能し、新陳代謝が活発になります。
身体の疲労感はもとより、肩こりや腰痛なども緩和していきます

当サロンでは独自の筋肉ストレッチ、骨盤・仙骨・背骨の矯正、最新の空気圧による矯正で施術します。
カイロプラクティックの理論に則ったO脚矯正です。渋谷・恵比寿の女性が数多く来院されています。
O脚は、脚の骨が曲がっているのではなく、主に5つの組織の異常あるいはアンバランスからきています。
(1)骨盤、(2)背骨、(3)脚の筋肉、(4)脚の関節、(5)脚の皮膚 この5つです。

O脚の原因

赤ちゃんはO脚です。人は生まれた時にはO脚で生まれ、成長と共に両足が真っ直ぐになります。
成長すると共に、O脚であった脚は2歳ぐらいで真っ直ぐな脚へと変化し、今度は、一旦X脚へと変わります。
それから7〜10歳頃には、再び真っ直ぐな脚へと変わっていきます。

O脚の原因は、普段の生活の中で何気なくしている癖や習慣の中にあります。
正座を崩す横座り・正座を崩してお尻だけつくペタンコ座り・両膝を立てて座る体育座り、椅子に座っている時に脚を組む、立っている時に片方に重心をかける、内股や外股で歩くなどです。
偏った癖や習慣が、O脚を作ります。
悪い癖や習慣が、各関節に無理な負担をかけて、捻じれや歪みが起こし、骨盤・仙骨・股関節・筋肉などのアンバランスを生じていました。
それ以外にも、運動不足や筋力の低下などから身体のバランスが悪くなり、歪みを引き起こして、O脚になることもあります。

筋力不足・低下:
特に女性は男性に比べ筋力が弱いです。O脚の原因としてはお尻の筋肉。
このお尻の筋肉が弱くなってくると骨盤が開きます。
骨盤が開くということは、股関節も開き、結果として両太ももが離れてしまいます。

◆生活チェックしてください
(1)椅子の上で、足を抱え込む
(2)椅子で足を組む
(3)椅子に浅く座り、背もたれにもたれる(仙骨座り)
(4)座位で、片方の坐骨に体重をかける
(5)正座を崩す横座り
(6)正座を崩してお尻だけつくペタンコ座り
(7)両膝を立てて座る体育座り
(8)立っている時に片方に重心をかけている
(9)足の小指側に重心をかける
(10)立位で、足をクロスさせる
(11)内股歩きする
(12)運動不足
(13)合わない靴を履いているなど

O脚の種類

いくつかの種類があります。
日本人に最も多いのが、O脚です。
欧米人に比較的多く見られるのが、X脚です。
最近、日本で増えてきているのが、XO脚やOX脚です。

◆ O脚
足の親指と踵を揃えて立った時に、太もも、膝、ふくらはぎ、内くるぶしのどれかが離れている状態です。
また、膝頭が真っ直ぐ前を向いていないことや、脚全体(特に膝から下)が湾曲して見えるのが特徴です。
これは、股関節や膝関節、足関節が内転している為に、筋肉が外側に付きやすくなり、内転筋が弱くなるのが特徴です。
身体の重心が、足の外側に掛かって、靴の踵の外側が減ります。
また骨盤が横に広い体形の方がO脚になりやすいようです。

◆ X脚
O脚とは正反対の状態です。
X脚は、普通に立っていると膝はくっつくけど、膝から下がエックスの形になり、内くるぶしが離れてしまうのが特徴です。
身体の重心が足の内側に掛かり、靴の踵の内側が減ります。
X脚は、歩くたびに膝がすり合うために、脚のバランスが不安定になり不自然な歩き方に見えます。

◆ XO脚
膝から上はX脚で、膝から下がO脚の状態のことです。
太腿はしっかり着いているのに、膝頭が内側を向いている状態です。

◆ OX脚
太腿の間が少し開いた状態で、膝頭が内側を向いているのが特徴です

O脚・X脚だと、どうなるの?

もちろん見栄えが悪いですが、全体症状が色々と現われます。
と言うのも、身体が歪んでいるわけですから、歪みの代償が身体の各部に現れてきます。
疲れやすい、足がだるい、むくみやすい、冷え、生理不調 等
変形膝関節症、半月版損傷、アキレス腱炎 等

真っ直立ちの目安

立った時に次の部分が一直線に並ぶと、体の重心が整った状態です。
◆ 横から見た時
(1)耳たぶ
(2)肩先(肩峰)
(3)股関節(大腿骨大転子)
(4)膝のお皿の後ろ側(膝蓋骨後面)
(5)外くるぶし
◆ 前から見た時
(1)左右の眉毛の間(眉間)
(2)左右の鎖骨の間(胸骨頚切痕)
(3)恥骨部分(恥骨結合)
(4)両膝の間
(5)両かかとの間

悪い立ち方

(1)足をクロスさせる
(2)足の小指側に重心をかける(外側重心)
(3)片足に重心をかける

悪い座り方

イスの場合:
(1)椅子の上で足を抱え込む
(2)足を組む
(3)椅子に浅く座り背もたれにもたれる(仙骨座り)
(4)片方の坐骨に体重をかける
床の場合:
体育座り、横座り、ペタンコ座り

O脚とX脚チェック

◆ O脚のチェック
1 足の親指と踵を揃えて立った時に、股下や太ももが離れている
2 足の親指と踵を揃えて立った時に、膝が離れている
3 足の親指と踵を揃えて立った時に、ふくらはぎが離れている
4 足の親指と踵を揃えて立った時に、内くるぶしが離れている
5 内くるぶしが大きい
6 靴の踵の外側が減る
9 膝から下が湾曲して見える
10 膝頭が、真っ直ぐ前を向いていない
11 膝の外側の骨が横に出っぱっている
12 股関節が、外側に出っぱっている

 6個以上 ・・・ かなりひどりO脚です
 4〜5個 ・・・ O脚矯正が必要になってきました
 3個以下 ・・・ 注意が必要です

◆ X脚のチェック
1 普通に立っていると、膝がくっつく
2 膝から下が、エックスの形になる
3 内くるぶしが離れてしまう
4 両脚を広げて立つと楽
5 靴の踵の内側が磨り減る
6 歩いていると、両膝がぶつかる
7 歩いていると、両膝がもつれて歩きづらい

 5個以上 ・・・ かなりひどりX脚です
 3〜4個 ・・・ X脚矯正が必要になってきました
 2個以下 ・・・ 注意が必要です
     

O脚モニター施術風景
photo

photo

  施術経過実例  

渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160