かたリラックスのオステオパシー



かたリラックス 聞いて・試して 身体のゆがみ情報館 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

坐骨神経痛のない健康な身体を目指しているかたリラックスにお任せください

オステオパシーとは

・ディバーシファイドテクニック ・AKAテクニック
・トムソンテクニック ・オステオパシー
・ローガン・ベイシックテクニック ・PNFテクニック
・アクティベーターテクニック ・操体法
・仙骨-後頭骨テクニック ・院長のあみ出したテクニック
・AKのテクニック ・上部頚椎テクニック

・オステオパシー
オステオパシーは1874年に医師のA.T.スティル氏によって開発された手技療法です。
カイロプラクティックよりも早く誕生し、医学として認められています。
カイロプラクティックは「脊椎の歪み」を根本原因と考え、矯正により改善を目標としますが、
オステオパシーは直接的な骨格矯正の前に、筋肉・筋膜といった組織へのアプローチを優先的に行います。
そして筋肉・筋膜の拘縮を解き放つことにより、骨格も自然に本来あるべき状態へと改善するという考えです。
オステオパシーは身体全体を「1つのユニット」として考えています。
全身の筋骨格・軟部組織に対して働きかける非常に多岐に渡る技術があり、
施術の選択肢が広いです。

坐骨神経痛に使う代表的なオステオパシーのテクニックをご紹介します。

■直接法:可動性に制限のかかっている関節に対して直接的に力を加え、
正常な位置へと間接部位を導く手技です。
■間接法:身体が動きやすい方向に向かって動きを促し、お客様の自然治癒力だけでの改善を目的とします。
特に慢性坐骨神経痛に効果が高いとされています。
■内臓マニピュレーション:内臓は、その表面には血管・神経が張り巡っています。
つまり拘縮を引き起こす事もあります。
内臓が持つ「固有の自動力」と「肺呼吸による可動力」の両方を正常に戻す事により改善させて、
健康促進を行う施術です。
■頭蓋仙骨療法:頭蓋骨23個の縫合部分の可動性をベースに開発された手技です。
5グラム程度の圧力で、頭蓋骨の歪みを調整し、脳脊髄液の循環を良好にします。
非常にソフトな療法で、自律神経症を含めた不定愁訴に特に効果があるとされています。
かかと
頭(1)
頭(2)
内反捻挫
渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160