大病院について坐骨神経痛のかたリラックス



かたリラックス 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

blogカテゴリー

エントリー

リスト

坐骨神経痛ならかたリラックスにお任せください

坐骨神経痛の渋谷・恵比寿ブログ

尊敬する整形外科

変形性膝関節症を患った80才の女性が当院に来院していますが、
彼女が都内の大病院の整形外科に行った話をしてくれました。

数年前から右膝に違和感があり、整形に通院していたが
炎症止めの張り薬を処方されているだけでした。
あまりに痛みが長く続くので医者に訴えたら、
「レントゲン撮ってみましょう」と、の事。
「別に異常はありません。経過を見てください」と帰宅を促された。

痩せ気味で、足の筋肉を鍛えるべく無理のない体操・プール教室に行っている。
数か月後に激痛に変わり、再度来院した。
整形の先生曰く
「年だから、しょうがない」
「1キロ歩けなくなったら、手術すればいい」
膝も見もしない、動きも検査してくれない。
「腫れてるの?」
「そんなに痛くないんでしょう」
と、早く診察を終えようとしている様子。

もう一度レントゲンを撮って、良く見てほしいと言うと
「それなら。レントゲン撮ってきて」と、投げやりの感じだそう。
それでもレントゲン撮影後には、どうにかやっと真剣に話してくれたよう。
結局右膝関節の間が狭くなって、骨棘が出来て痛みがでている。
それでも、説明に不満・不安な診察だったそうです。

痛みを訴えている患者さんに、さらに不安な気持ちにさせるなんて・・
「貴方の膝は、こういう状態だから、
注意することは、これこれです」とかの説明を望むのは無理なのでしょうか。
大病院の先生に強くは言えない患者さんたちです。

80才の女性は、義理の母です。
付き添いで行った妻から聞いた真実です。
new_heart.JPG

都内随一の坐骨神経痛専門のカイロプラクティックです
東京の渋谷・恵比寿のかたリラックス カイロプラクティック
整体で腰痛・坐骨神経痛解消をお手伝いをいたします

new_heart.JPG<br />

日時:2014年7月15日 16:25
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160