バランス良い身体とは坐骨神経痛のかたリラックス



かたリラックス 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

blogカテゴリー

エントリー

リスト

坐骨神経痛ならかたリラックスにお任せください

坐骨神経痛の渋谷・恵比寿ブログ

長生きと姿勢

美しい身体は、バランスがとれている事です。
パランスが取れていることは、正しい良い姿勢です。
良い姿勢・悪い姿勢・また作られた姿勢(クラッシックバレエ)など様々。
姿勢は職業や年齢、趣味など色々な生活習慣で異なります。

正常な立位姿勢は、横から見た時に耳の穴・肩(上腕の中央)・膝・外くるぶしが、一直線に見えるのが理想です。
悪い代表的な姿勢は、平背・円背(猫背)・凹円背・亀背・全後弯の5つに分けることができます。
悪い姿勢が長期間続くと、身体に歪みが出てきて、背骨や骨盤が歪み、
関節や筋肉などのバランスが崩れ一箇所に大きな負担が掛かってきたり、
無理な力や重さが掛かってしまい、痛みがでます。

代表的な悪い姿勢
●平背
先天的な骨格の方が多いが、背骨の生理的な湾曲が無く背骨がストレート化した状態。
身体に掛かる体重や負担を分散できない為、背中の筋肉が緊張しやすく腰痛や肩こりになる可能性が高くなる。
また、クラッシックバレエのように、色々な表現を綺麗に見せる姿勢を常にしているバレリーナは平背の方が多い。

●円背(猫背)
一般的に猫背と言われている。
背中が猫のように丸い為、身体が前かがみの姿勢になる。
腰痛や肩こり、頭痛、精神的なストレスなどの症状の原因にもなる。
ひどい猫背は、脊柱起立筋などがパンパンに張り、腹筋も弱くなり内臓の機能低下や疲労が溜まりやすい身体になる。

●凹円背
横から見たときに腰が前湾してお腹が前に飛び出し背中が丸くなった状態。
腕を身体の前で組んだ姿勢を作ると、判りやすいと思います。
この姿勢はアゴが少し前に出て下に引くため、首や脊柱起立筋が常に緊張した状態になり
腰痛の原因になりやすい。

●亀背
背骨の骨が後方へ曲がって突き出している状態で、背中が丸くなる。
これは骨粗鬆症などが原因で脊椎が圧迫骨折をおこして、背骨が丸くなる症状。
上半身を後ろから支える脊柱起立筋などが疲労しやすくなります。
肺や胃などを圧迫したり、食事をすると胸焼けがするなど様々な症状が出る。
毎日軽く背筋を伸ばす体操をすると予防になります。

●全後弯
立位姿勢で胸椎の後弯が増強すると腰椎の前弯が増強し、さらに進行すると全後弯となり、膝が曲がる(屈曲)。
筋力がなくなると杖などが必要になる。

日本人の平均寿命は、女性が86.39歳、男性が79.64歳です。
長寿国です。
姿勢の良いご老人も沢山いらっしゃいます。
正しい姿勢は1日では作れません。毎日の積み重ねが大切です。
new_heart.JPG

都内随一の坐骨神経痛専門のカイロプラクティックです
東京の渋谷・恵比寿のかたリラックス カイロプラクティック
整体で腰痛・坐骨神経痛解消をお手伝いをいたします

new_heart.JPG

日時:2011年8月21日 10:17
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160