バランスの取れた身体は坐骨神経痛のかたリラックス



かたリラックス 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

blogカテゴリー

エントリー

リスト

坐骨神経痛ならかたリラックスにお任せください

坐骨神経痛の渋谷・恵比寿ブログ

姿勢改善

ヨガにはまっている妻が、祝日メニューの「姿勢改善エクササイズ」に参加してきました。
好きなスポーツをしてもケガをしないように、早く上達するために、日常生活でも疲れない身体を創るエクササイズ。
20センチ位の空気の調節できるバランスボールを使い、背骨の調整から始まった。
その人によって背骨のS字が違うので、ボールの大きさを変える。合わないと、てき面に痛みがでてしまう。

仰向け寝で、仙骨部分にボールを当てて、押し付けるようにゆっくりと呼吸をすること数回。次は腰椎部分、胸椎下部、胸椎上部、後頭骨へと場所を変える。これは押圧することにより、関節液をだして関節の可動域を広げるためだ。胸椎上部の時は、ヨガのひばりのポーズのように胸が広がって気持ちよい。

仰向け寝で左足は伸ばし、右足は両手で膝を抱えるように屈曲する。ヨガのガス抜きのポーズだ。その時に右膝下が内旋していないか、左足の足首が外転しすぎていないかをチェックする。姿勢改善は、自分の身体のくせを知ることから始まる。
股関節でも、どちらかが内旋しやすく反対側は外旋しやすいはずだ。それをバランスをとれるストレッチをすれば姿勢は自ずと良くなる。自分の苦手なストレッチをすればいいということです。得意な方ばっかしすれば、更に可動域が増えて、左右差が広がってしまう。
簡単な事だが理に適っている。

皆さんご存知だと思うが、ゼロポジションというのを教わった。
肩関節の位置で、上腕骨と肩甲骨の成す角度が140度。上腕骨が外旋も内旋がない状態。
このポジションは筋肉や靭帯が安定するポイント。
野球・バレエボール・体操選手に用いられている。カイロプラクティックの施術と合い通じる所がある。
75分のエクササイズが終わったときに、激しい動きではないが身体の芯が熱くなった感じがした。インナーマッスルを使ったようだ。
カイロプラクティックで、痛みを予防・改善しているが、日常のストレッチの大切さを痛感した。
new_heart.JPG

都内随一の坐骨神経痛専門のカイロプラクティックです
東京の渋谷・恵比寿のかたリラックス カイロプラクティック
整体で腰痛・坐骨神経痛解消をお手伝いをいたします

new_heart.JPG

日時:2011年7月19日 08:49
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160