肩の可動域には坐骨神経痛のかたリラックス



かたリラックス 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

blogカテゴリー

エントリー

リスト

坐骨神経痛ならかたリラックスにお任せください

坐骨神経痛の渋谷・恵比寿ブログ

セルフ四十肩・五十肩

四十肩・五十肩になった女性が、腕が後ろにまわらなくなりエプロンのひもが結べないとか、
棚の上の物が取れなくて困る等の訴えがあります。
激痛になると、痛い方の肩を下にして眠る事もできなくなってしまう。
カイロプラクティックの施術をお薦めしますが、来院できない人のための対処法を紹介します。
(詳しい四十肩・五十肩の説明は昨日の記事を参考にして下さい)

急性期の体操は逆効果です。
痛みが緩和したら、なるべく早く肩を動かす体操を行いましょう。体操の前には肩をよく温めておいてください。
慢性期とは、急性期から1ヶ月程後、痛みはある程度落ち着いてるが、肩を動かす時に痛み・運動制限もあるという状態です。

●右側の五十肩の場合
1 腕をたらし手を内側、外側と動かす

2 右の手の甲を、ウエストにあて、左手で右肩を後ろ側に押し、右肩は後ろに引く

3 左手で、右肘を内側から持ち、右肩を少し落とし、手の甲を外側に向け左手で押し上げ、右腕を上に上げる

4 左手で、右肘を外側を持ち、右肘を押し上げる。右腕は手の甲を上にして、手前に引くように上げる

5 右肩を少し上に上げ、真横に上げる

6 右肩を少し下げて、手の甲を内側に回し、腕を後ろに下げる
 
7 タオルを両手で持ち、腕を肩幅に開き、体を左右に回す

8 タオルを右手で前に持ち、腕を上げる。左手は、タオルを後ろから持ち、背中を洗う要領で、左手で引き、右腕を上げる

9 壁に、右腕を上げ、指を当て少しずつ指を上に上げる

このように肩を動かす事により、肩の可動性が良くなっていきます。
四十肩・五十肩は、肩の可動域を広げて、6個の関節がスムーズに動くように、日頃から動かす事が大切です。
new_heart.JPG

都内随一の坐骨神経痛専門のカイロプラクティックです
東京の渋谷・恵比寿のかたリラックス カイロプラクティック
整体で腰痛・坐骨神経痛解消をお手伝いをいたします

new_heart.JPG

日時:2011年7月 7日 09:00
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160