東京の自転車事故と坐骨神経痛のかたリラックス



かたリラックス 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

blogカテゴリー

エントリー

リスト

坐骨神経痛ならかたリラックスにお任せください

坐骨神経痛の渋谷・恵比寿ブログ

都内の自転車事故

坐骨神経痛で以前に来院されてた男性が、ぎっくり腰になって立ち上がることもできなくなったとの相談があり、自宅のご近所さんなので店の定休日に出張施術に行きました。
かなりひどい腰痛でしたが、歩ける程度には改善。明日からは店での施術可能。
その帰り道の事です。
駅に通じる国道沿いのかなり広い歩道を妻と歩いていたら、2メートル前位に弁当屋さんが、出店のワゴンを左から右に押して移動中。日よけのパラソルを畳んで立てていて重そう。

その時私の横を猛スビードで自転車の女性が駆け抜けた。
2メートル先の弁当屋のワゴンのどこかにぶつかり、左に大きくカーブして車道に飛び出ていきそうになった。
彼女は、身体ごと車道に飛び出さないように、ハンドルにしがみつきながら、ガードレールに激突して自転車は止まる。身体はガードレールに二つ折りだ。
一体何が起きたのか仰天した。
自転車の女性が立ち上がり、足がふるえている。顔に傷だ。
私達には見えなかったが、弁当屋のワゴンのパラソルがガードレールの間を青のローブでつないであったらしい。そのローブにひっかかってしまったようだ。

女性が「何でこんなところにロープつないであるのよー」と震えながら怒鳴る。
弁当屋のおばさんは「ローブなんてつないでないわよ」と答える。
顔も打ってるし、お腹もうっているので病院に行ったほうがいい。
「どうしよう仕事中だし、急いでいるし。信じられないっ」「どうしてくれるの」と女性。
ふと横を見ると弁当屋のおばさんは、弁当の販売を始めた。
冗談だろう。あなた加害者だよ。
駅前に交番に連絡しようとしたところ、チャリの警察官が通りかかった。
事情を話して私の連絡先を言い、その場を離れました。

ローブの有無はわからないが、弁当屋のワゴンの移動法に問題があったのは確かだが、
あのスビードで歩道を走っていた自転車の非も否めないと思う。
歩道で何度危ない自転車にあったかわからない。
彼女のケガがたいしたことがなければ、よいのだが。
new_heart.JPG

都内随一の坐骨神経痛専門のカイロプラクティックです
東京の渋谷・恵比寿のかたリラックス カイロプラクティック
整体で腰痛・坐骨神経痛解消をお手伝いをいたします

new_heart.JPG

日時:2011年5月11日 08:47
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160