腱鞘炎は痛いので坐骨神経痛のかたリラックス



かたリラックス 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

blogカテゴリー

エントリー

リスト

坐骨神経痛ならかたリラックスにお任せください

坐骨神経痛の渋谷・恵比寿ブログ

腱鞘炎

腱鞘炎の人が増えていますが、PC作業が長くなってるからでしょうか。
腱鞘炎は、早期の手当てが大切です。
悪化すると、ステロイド注射や腱鞘切開術が必要になります。
◆前腕(肘の下部)
腱鞘炎の多発部位は、腕の前腕で、拇指(親指)の伸展を行う筋肉(長母指伸筋)に生じる腱鞘炎です。
この筋肉は、肘から拇指の末節骨まで斜めに伸びている細長い筋肉で、拇指がいつもと違う動きをすると、曲げ伸ばしで痛みや腫れが出ます。


●施術法は、関節に動きをつけるために、軽く拇指を動かします。
痛いので反対側の指で、手首もしくは、手首と肘の間、もしくは肘の近くの筋肉を、軽く押さえる。すると、ある部位を押さえると、拇指を動かしても痛くない箇所がみつかるので、この状態で拇指を動かし、関節に動きをつける。

◆手根管症候群
手根管(手根部の関節にある)に、正中神経が入っているトンネルで、
拇指を除く4本の指を曲げる時に使う筋肉の腱は、手首のところで束ねられている。
手や手首を無理に使うと、正中神経が入っているトンネルが圧迫されて狭くなり、痛みがでる。
炎症により、拇指・人差し指・中指にしびれが出たり、拇指の動きも悪くなる場合がある。
手の平の骨は8個の小さな手根骨で出来ていて、その真ん中に月状骨があり、
正中神経・橈骨神経・尺骨神経が集まる。
●施術法は、手の平の、ふっくらした部分の窪みにある月状骨を、
反対側の拇指で、手の甲に向かって押すことにより、正中神経の圧迫が減り、
痛みも軽減する。

◆ドケルバン(狭窄性腱鞘炎)
拇指を伸ばす時に使う腱(短母指伸筋腱)と、拇指を広げる時に使う腱(長母指外転筋腱)が、
手首の拇指側にある腱鞘の中を通っていて、腱の動きが悪くなり、炎症が起こると痛みや腫れがでる。指を良く使う仕事の人に多くみられる。
●施術法は、拇指を軽く動かす。
拇指の付け根の手首の少し上に三角の窪みがあるので、反対側の指2?3本で、
この窪みから手首の上を軽く当て、拇指を広げたり動かした時、痛くない部位を探して、軽く動かす。

◆拇指屈筋腱(ばね指)
指の使いすぎで、曲げる時に使う屈筋腱に起こる腱鞘炎。
炎症により、腫れ上がった腱の結節が、腱鞘のトンネルの中で、引っかかり押し込まれることによって、指を無理に伸ばそうとすると、バネのように伸びるので、バネ指と言われている。
拇指が一番発症しやすく、3指、4指の順となる。
マッサージで治るのは、軽度のバネ指だけ。重度のバネ指に関してはあまり効果が無い。
関節の動きを改善させ、筋肉を緩めることで、少しずつ症状が軽減していく。
●初期の施術は、関節に動きをつけること。
手のひらの痛い部分に、反対側の指を軽く当て、ゆっくりと痛い指を動かしてみます。
指を当てる場所により、必ず痛くない部位があるので、軽く動かす。

人間には不思議な力が、たくさんあります。軽く指を添えるだけでも、痛みを軽減できます。
腱鞘炎は、悪化するとなかなか治りませんし、他の痛みが併発します。
安静にして、使わないのが一番です。

new_heart.JPG

都内随一の坐骨神経痛専門のカイロプラクティックです
東京の渋谷・恵比寿のかたリラックス カイロプラクティック
整体で腰痛・坐骨神経痛解消をお手伝いをいたします

new_heart.JPG


日時:2011年4月23日 11:05
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160