都内の花見は坐骨神経痛のかたリラックス



かたリラックス 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

blogカテゴリー

エントリー

リスト

坐骨神経痛ならかたリラックスにお任せください

坐骨神経痛の渋谷・恵比寿ブログ

東京の桜

東京は桜が満開です。
都内は大変暖かいのに、肩こりが楽にならない・腕がしびれると訴える方が来院されました。
左肩と、左上腕の外側から前腕の小指側に、しびれがでていて、
一年前から腕を上げると、しびれが強くなるそうです。
整形外科の首のX線では、頚椎5番6番の椎間板が多少狭いと言われ、
電気と牽引治療を受けていました。

当院の検査で、頚椎5番?7番と胸椎1番?5番までに左側が多少後方変位しているため、
矯正しましたが、しびれはあまり変わりません。
次に肩関節の検査でも、異常なし。
次は、胸郭出口症候群の検査です。
患者さんの頭部を圧迫しながら、顔を左に向かせ、左腕と顎を上げさせます。
すると、痺れが再現します。
まさしく胸郭出口症候群です。

胸郭出口症候群とは、
胸郭出口とは、鎖骨と一番上の肋骨と斜角筋が作るすき間。
ここは血管や神経が通り、この胸郭出口部分が狭くなると、
血管や神経が圧迫され、肩こりや腕の痺れ等を引き起こします。

症状は、手指の痺れで、重い荷物を持ったり、腕を上に挙げると痺れが増します。
肩から指にかけての痛みや痺れ、首から肩、肩甲骨内縁痛み、重圧感や、こわばり、だるさなどです。

原因は、猫背・なで肩や、一番下の頚椎の変形の場合があります。
又、姿勢により首の筋肉が圧迫場合もあります。
あるいは、追突事故の後遺症・過度のスポーツ・無理な姿勢・転倒などで頚椎捻挫後に、
この部分の筋肉が傷つき、後で痛みが出ることがあります。

予防法は、普段の癖や習慣の改善が大切です。
【例】
・就寝中に腕を上げない
・首の不良姿勢で行う動作は避ける
・重たい物を持ったり挙げたりしない
・長時間の腕を下げて行う作業や、腕を上げて行う作業は、注意
・筋肉を強化するトレーニン
・肩甲骨周りのストレッチ

当院のカイロプラクティックで、直接鎖骨を引き離して、圧迫を解消します。
(決して、経験のない人には、やってもらわないように・・危険です)

new_heart.JPG

都内随一の坐骨神経痛専門のカイロプラクティックです
東京の渋谷・恵比寿のかたリラックス カイロプラクティック
整体で腰痛・坐骨神経痛解消をお手伝いをいたします

new_heart.JPG

日時:2011年4月 9日 08:35
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160