大きい関節と坐骨神経痛のかたリラックス



かたリラックス 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

blogカテゴリー

エントリー

リスト

坐骨神経痛ならかたリラックスにお任せください

坐骨神経痛の渋谷・恵比寿ブログ

大きな関節

筋骨格系の痛み作らないワザです。
日々の生活動作で、できるだけ大きな関節を使い、身体の負担を減らしましょう。
これで、小さな関節に負担が掛からなくなります。
例えば急須でお茶を入れる時に、軽いからと取っ手を指だけで持つと、
痛みがでなくても、指と手首に負担が掛かります。

重たいヤカンを指だけで持とうとすると、指や手首の関節を痛めてしまい、
腱鞘炎などの原因にも繋がります。

急須やヤカンを持つときに、逆手(手のひらを上向け)にすると、
指や手首だけではなく、肘や肩の大きな関節が使えるます。
逆手を使うことで、大きい関節(肘関節・肩関節)が可動して、
小さな関節には負担が掛かりません。
日常生活の心がけで、痛みの予防ができるのです。

PCのマウスを操作する時に、指だけで動かしていないでしょうか。
手首で動かしていませんか。
肘関節ではなく、肩関節を意識して操作してください。
だるさ・腱鞘炎の予防になります。

歩行時に、注意してみましょう。
足首だけで歩いていませんか。
ヒールを履いている方は、膝下だけで歩いていないでしょうか。
股関節を意識して歩きましょう。
自ずと歩幅も広くなります。
そして、足首・膝の負担が軽くなり、大変歩きやすくなります。
同時に、お尻(臀筋)閉めると、ヒップアップ効果も期待できます。

日常生活で注意できる事
・バッグは手で持たないで、肘にかける、できれば、肩にかける。
 均等に左右交互に持つ。
・重い荷物は両手で持つ 。
・椅子から立ち上がる時、補助をする手は、指を使わず手のひらや、腕全体を使う。
・重い荷物を持ち上げる時は、逆手を使い、腕と背中全体を使い持ち上げる。
・カイロプラクティックでチェックしてもらう

new_heart.JPG

都内随一の坐骨神経痛専門のカイロプラクティックです
東京の渋谷・恵比寿のかたリラックス カイロプラクティック
整体で腰痛・坐骨神経痛解消をお手伝いをいたします

new_heart.JPG

日時:2011年4月 4日 10:55
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160