膝の痛みは坐骨神経痛のかたリラックス



かたリラックス 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

blogカテゴリー

エントリー

リスト

坐骨神経痛ならかたリラックスにお任せください

坐骨神経痛の渋谷・恵比寿ブログ

坐骨神経痛と膝痛との関係

坐骨神経痛で、膝の裏側に痛みが出る場合があります。
高齢者や女性に多くみられます。
坐骨神経は、臀部・太腿の裏・ふくらはぎなど身体の後を通っているため、
坐骨から太ももの裏、膝の裏、すねの外側、足の指と
痛みやシビレが出ることが多いです。

rijyo02.jpg
坐骨神経痛が酷くなると、仙骨から膝の裏、アキレス腱まで神経ラインに沿って痛みが伝達されます。
重篤になると、歩行さえ困難になることもあります。

また膝の痛みは、加齢と共に骨を覆う膝関節の軟骨が徐々にすり減り、
膝骨が変形して、神経が圧迫されて痛みが出ます。

膝の痛みがなくても、体重の増加や腰痛や坐骨神経痛の痛みをかばって、
不自然な歩き方をし、それが膝に大きな負担かけ、膝の炎症を起こして膝痛を生じます。

例えば右膝の痛みをかばって生活していたとします。
身体を左側に傾けて、お尻を右側に逃がした姿勢になる為に、
不自然な歩き方になり、左側の股関節や膝関節、足関節に無理な負担が掛かってしまい、
これが長期化する事によって、左側の膝の痛みも作る原因にもなりかねません。

普段、無理な偏った姿勢で生活していると、腰痛や坐骨神経痛の悪化を招き、
更なる膝の痛みを作り、背中の痛みや肩こり、頭痛なども出て来ます。

また、骨盤や仙骨、腰椎、背骨、頚椎の動きにも制限が起こります。
すると筋肉や靭帯、関節、椎間板、神経、血液、リンパ、内臓機能、
脳脊髄液の循環など身体の機能に影響が出てきます。

以上のような二次的な痛みを防ぐには、一刻も早く坐骨神経から起こる膝の痛みを改善して、
正しい姿勢、正しい歩行動作に戻したいです。

日時:2011年4月 2日 09:24
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160