腰痛の原因には坐骨神経痛のかたリラックス



かたリラックス 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

blogカテゴリー

エントリー

リスト

坐骨神経痛ならかたリラックスにお任せください

坐骨神経痛の渋谷・恵比寿ブログ

腰痛の種類

一口に腰痛と言っても、色々な種類があります。
いくつか紹介いたします。

【腰痛症】
腰部周辺の痛みを総称していう言葉で、腰痛症自体が病いではありません。
全体の腰痛の中でも最も多く、現代人の生活習慣病とまで言われています。

様々な原因で発症します。
神経や筋膜、下腹部の内臓、腰の筋肉や脊柱の歪みが原因で腰痛が起こってきます。
要するに、原因はよくわからないが、腰が痛いというときに腰痛症と言います。
腰痛症の特徴は、腰を動かしていない時は、ほとんど傷みを感じないが、感覚としては重だるい感などがあり、腰の曲げ伸ばしで、痛さを感じる事が、多いです。

生活習慣が最も影響されます。
長時間の同じ姿勢、運動不足による筋力の低下、筋肉の柔軟性の低下・姿勢(猫背など)・肥満などの生活環境や、加齢による骨・関節・筋肉の老化、スポーツや肉体労働による筋疲労、精神的ストレスなどにより、腰部に持続的な負担がかかり、筋肉が過緊張状態となり、腰痛を起こします。

腰痛症や肩こりは、一度悪くなってしまうと、自然には改善しにくいです。
予防として、軽いストレッチや、筋肉の緩和操作がよいでしょう。
「ふくらはぎ・太もも内側のマッサージ」が効果的です。


【ギックリ腰】
物を持ち上げようとした時などに、突発的に起こる腰痛で、魔女の一撃などと呼ばれています。

痛みのために、全く動けなくなる事もあり、原因は、様々な要素が考えられます。
たとえば、腰を前にかがめた時に、腰椎では後方の椎間関節が広く開き、関節包(関節を包む袋)や腰背部の筋肉が引っ張られた状態になり、緊張します。
この時に、捻りや不用意な力が加わると、関節包や靭帯・筋肉などに小さな断裂がおきて、急性の痛みを引き起こすのです。
この場合、柔らかい組織の障害ですが、腰椎を支える腹筋や、背筋の弱さが誘因といえ、その原因には、運動不足や肥満などが考えられます。

この発作を繰り返していると、変形性関節症といって、背骨自体に変化が生じて、慢性の腰痛症へと移行してしまいます。

また、椎間板軟骨の損傷による痛みである場合もあります。
前傾で物を持ち上げる時、椎間板にかかる圧力が、姿勢によってかなり増大して、その際に軟骨に亀裂が生じて痛みを引き起こします。
椎間板は血流に乏しい組織ですから、一度損傷を受けると非常に治りにくく、足の痛み(坐骨神経)を併発するようになります。


【変形性脊髄症】
背骨のどの部分にも起こります。40?50代の頃に、見られます。
椎間板が老化して弾力性がなくなり、椎骨に余分な力が加わり、椎間板の老化により椎骨のふちに【骨棘】という、棘のような骨の出っ張りがでてきて、脊柱が変形してきます。
このような状態になっても、痛みを伴わない人も多いようです。
また骨棘は、神経を刺激して痛みを起すこともありますが、必ずしも腰痛症を起すわけではありません。
腰部全体が、だるく感じたり、鈍痛を感じたり、足のしびれ・冷たくなることもあります。


【椎間板ヘルニア】
ヘルニアの本来の意味は「出っ張る」という意味です。
腰から足にかけての痛みを起こします。 
背骨は25個の脊椎が重なってできていて、それぞれの椎骨と椎骨の間には、クッションの役目をしている椎間板があります。
椎間板が変性し、線維輪の亀裂部から髄核(ずいかく)が脱出するか、脱出しないまでも、押し出されたものが、椎間板ヘルニアです。

背骨には、脊柱管という管が縦に走り、その中を神経が通っていますが、脊柱管から神経が分かれ出てくる所を神経根といいます。
出っ張った髄核によって、神経根が圧迫されたり、炎症が起きたりすると、痛みが起こります。
神経根を圧迫し、神経根に、血流障害を起こし、腰痛・下肢痛・筋力低下・しびれなどが生じます。
椎間関節の変形が神経を圧迫する.JPG

【腰椎分離症】
腰椎の椎弓が分離した状態です。
腰椎の椎骨の一部にヒビが入り、最終的には前後に分かれてしまいます。
脊椎が不安定になり神経が圧迫され、疼痛、しびれ感等が出てきます。

多くは、第5腰椎に起きますが、まれに第4腰椎にも認められます。
遺伝的要因も考えられますが、幼少期の激しいスポーツで、捻挫や疲労がきっかけとなり、腰椎が動きにくくなり起こる疲労骨折などが原因だと言われます。【腰椎すべり症】
椎間板が老化して弾力性・柔軟性がなくなり、椎骨が前方へずれる状態を言います。
腰椎は、生理的な前弯 があるため、下部の腰椎(第4腰椎や第5腰椎)は力学的に前方へずれようとする力が働きます。

腰椎すべり症は、腰椎分離すべり症と、腰椎変性すべり症に分かれます。
腰椎分離症の30%程度に腰椎分離すべり症が発生すると考えられています。
腰椎変性すべり症は、女性の高齢者に多く、第4腰椎によく認められています。
この痛みは激しい運動や作業をしない限り、それほどひどくなることはありませんが、安静にしていてもなかなか緩和しないです。
時に、脊椎の近くを走る神経や脊髄を圧迫したり、椎間板ヘルニアを合併して、更に悪化することがあるようで、腰や足などにも、痛みやしびれを感じるようになります。

主に、脊椎分離を原因として起こりますが、脊椎に大きな力が加わったとき、外へはみ出してしまうことがあります。

先天性もあります。
老化現象により、脊椎を連結する力が弱まって、起こる事もあります。

脊椎に大きな力が加わった時、髄核が線維輪の亀裂を通って、外へはみ出してしまうことがあります。
この脱出はたいてい、抵抗の弱い後方(背中側)へ向かって起こり、そこは脊髄から神経が伸びている場所であるため、はみ出した髄核に神経根が圧迫され、痛みが出ます。
圧迫による刺激から神経に炎症が起きると、更に強い痛みを感じるようになり、すべりの度合いが大きいと、脊柱管の中の神経が挟まれ、結果的に脊柱管狭窄などが起きることもあります。
腰椎分離すべり症.JPG

【骨粗しょう症】
骨の主成分の一つであるカルシウムやたんぱく質が不足し、骨量が急激に減少して、まるで軽石のようにたくさん孔が開いて極端にもろくなってしまいます。
骨の密度が、とても小さく、もろい状態になっていますので、わずかな力が加わっただけで、骨折を起こします。

腰痛や背中に痛みを感じたりします。男性よりも女性に多くみられます。食事の栄養面に気を配り、カルシウムやビタミンを豊富に摂取しましょう。

※このにように腰痛は、内臓からくるものや、上記のようなものまで様々です。
 一度病院で調べてみましょう。

日時:2011年2月21日 09:54
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160