坐骨神経痛の予防なら



かたリラックス 聞いて・試して 身体のゆがみ情報館 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

坐骨神経痛の予防をかたリラックスに聞いて下さい

効果的な予防

坐骨神経痛を予防する

大前提として腰に負担をかけないことです。過度に重いものを持つことは避けましょう。
荷物もそうですが、自分の体重ももちろん腰への負担となります。(太りすぎに注意)
太りすぎると、お腹が出て腰椎の前彎が強くなります。(下図参照)
また無理な姿勢で腰を動かさないようすることも大切です。中腰での作業は要注意です。
坐骨神経痛の予防には左右均等の動きをするようにしましょう。
軸足や利き手もありますが、基本的に筋肉は左右均等に使うように意識して下さい。
例えばPCの画面が身体の正面ではなく、左側によっていたとします。
すると会社にいる間ずっと左側を見ていることになります。腰だけでなく首にもかなりの負担がかかっています。
お家でテレビを見ている時も同じです。
食卓の右側にテレビがあるとしたら、自分は右に振り返っていて、真向かいのご主人は左に振り返っている状態になります。
お二人で坐骨神経痛になってしまいます。
テレビの位置を変更できなければ、たまに家族で席換えをしたら如何でしょうか。
あくまで痛みのでないために、腰に負担をかけないように左右均等の身体の使い方を習得してください。

骨 坐骨神経痛の方に必ず注意していただきたいことです。
椅子の座り方です。
正しい座り方は、左右の坐骨に均等に力をかけるのですが、骨盤の歪みによって、これが出来なくなっています。
左の骨盤が後方に変位している場合は、何も考えずに腰掛けると左の坐骨が先にあたってしまいます。
そして左足を上にして足を組む場合が多いです。
足を組むのは、もってのほかです。(下部写真は悪い姿勢です)
椅子に座る時は、お尻の穴を締める様にして左右の坐骨に均等に力を掛けるように座り、お尻の力を弱めます。
慣れると何も考えずに出来ますので、習慣にしてください。
床のペタンコ坐りや横坐りも、骨盤や腰椎を歪ませて坐骨神経痛になりやすいです。
また、冷えからも腰に負担はかかります。気候や冷暖房に気を配り下半身を冷やさないようにしましょう。

坐骨神経痛は夏のエアコンでの冷えや、季節の変わり目に誘発します。長時間の冷えた室内には、靴下を履きましょう。

腰痛の予防のページも参考にしてください。

ペタンコ坐り 横坐り
足組む

背骨に動きをつけて坐骨神経痛を予防する

カイロプラクティックと背骨の働きの項で説明いたしましたが、
背骨は身体の中で、バランスを崩しやすい部分です。
背骨におけるバランスの崩れが「背骨のゆがみ」です。
背骨の歪みが、全身にいろいろな不調が起こします。
坐骨神経痛の原因の一つにもなります。
簡単な背骨のストレッチで、背骨の動きをつけましょう。
前屈・後屈(ヨガの猫のポーズ)・回旋・側屈の動きです。

猫のポーズ前屈 猫のポーズの後屈 背中の左回旋 背中の右回旋
渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160