坐骨神経痛と梨状筋



かたリラックス 聞いて・試して 身体のゆがみ情報館 猫のポーズ 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

坐骨神経痛の原因の一つの梨状筋の拘縮を、かたリラックスにお任せください

坐骨神経痛と梨状筋

梨状筋の痛み

坐骨神経痛を引き起こす原因の一つに、梨状筋の痛みがあります。
坐骨神経は背骨の腰椎・仙椎から伸び、骨盤を通り、下肢に向かって伸びています。
仙骨と、大腿骨を繋ぐ筋肉が梨状筋です。
梨状筋は仙骨から足の付け根に付いていて、股関節を外旋させる働きがあります。
なし状の形をした筋肉で、股関節(大腿骨の大転子)から仙骨についています。
この筋肉が、坐骨神経を圧迫すると痛みが起きます。
梨状筋は、脚の外旋筋で内閉鎖筋、外閉鎖筋、大腿方形筋、
上双子筋、下双子筋などと一緒に働きます。
一般的には、腰はさほど痛くなく、脚を外旋する時や横座りで体重を患側にかけると痛みが増強します。
これは、病院のレントゲンやMRIの検査でも判断が難しいです。
原因として考えられるのは、股関節の捻挫や臀部の打撲、ギックリ腰などから、
腰痛が慢性化したケースや、スポーツや仕事・長時間の車の運転などに心理的なストレスが加わり発生する場合もあります。
その他には、筋力の低下や、同じ姿勢で尻を長時間圧迫するなどが原因で起こる場合があります。
梨状筋の痛みは、梨状筋が神経を挟み込んでいる事ですが、
まれに梨状筋の内部に神経が入り込んでいる場合もあります。
このような時は、病院の受診をお薦めいたします。

要因
梨状筋症候群は「梨状筋」単体で起こっているわけではないです。
梨状筋は主導筋として積極的な機能発揮をする筋肉ではなく、
尻筋群を補助する補助筋としての役割を果たします。
梨状筋が、尻部の深層筋で、坐骨神経の真上を走っています。
大臀筋 : 尻筋の中で最も大きく、外側の筋肉
中臀筋 : 大臀筋の一つ下にある筋肉
小臀筋 : 中臀筋の一つ下にある筋肉
梨状筋 : 小臀筋の一つ下にある筋肉
尻筋群が凝り固まり、下を走る梨状筋を圧迫します。
大きな筋肉が凝り固まり、上から覆い被さり、
深層筋でそれ程強い筋肉ではない梨状筋は下へ下へと押し込まれてしまいます。
これが坐骨神経を圧迫して痛み・しびれを感じます。

痛みの出方
お尻から膝裏、ふくらはぎにかけて鈍い痛みやシビレが出てきます


  • 腰痛はほとんどない
  • 脚を外旋する時に痛い
  • 横座りで体重を痛い方にかけると痛い
  • しゃがんだ状態で膝を外側に開くと痛い
  • ラセーグテストで異常なし(仰向けで膝を伸ばしたまま痛い方の足を上にあげる神経根圧迫テスト)

梨状筋症候群は


  • 梨状筋の筋筋膜痛(関連筋膜痛)
  • 仙腸関節の機能障害
  • 神経および血管の圧迫

痛みの原因


  • 尻餅をついた
  • 長時間、同じ姿勢で座っている
  • 急激な運動
  • 足を組む癖
  • 骨盤の歪み
  • 運動不足
  • 股関節を傷めた
  • ストレスなど

梨状筋の痛みを、お家でする改善の仕方


  • お風呂で温める(急性のぎっくり腰は温めてはいけません)
  • 温湿布などで温める(ぎっくり腰の急性は冷湿布)
  • お尻のマッサージ
    手で身体を支えてバランスを取りながら、痛い方のお尻を床にこすりつけて、ほぐす。
    (初めは布団の上ですると刺激が少ない)
    位置を微妙にずらしながらおこなうと効果的です
  • 尻の筋肉をほぐす
  • 梨状筋のストレッチ(下写真:ヨガのコアラのポーズ)
  • コアラのポーズ右

坐骨神経痛改善のカイロプラクティツクの施術


  • 腰椎を正常な位置に矯正
  • 全身の歪みを整える矯正
  • 骨盤・仙骨の矯正
  • 股関節の矯正
  • 梨状筋へのアプローチ
  • 大臀筋・中臀筋・小臀筋の筋力バランスを整える施術
  •  
  • 筋肉のストレッチ指導

梨状筋へのアプローチと機能不全状態になっている殿筋を調整して、痛みを改善します。
また梨状筋の異常な緊張を、緩めるだけではなく、
梨状筋への圧迫を和らげるために、全身のバランスを調整していきます。

坐骨神経痛を諦めないでください

坐骨神経痛によるお尻や足のしびれは改善します。何処に行っても良くならない方は、是非ご相談ください


梨状筋の緩和

渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160