カイロプラクティックとオステオパシー



かたリラックス 聞いて・試して 身体のゆがみ情報館 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

オステオパシーは、坐骨神経痛にも効果があります

自然治癒力を引き出す施術

坐骨神経痛とオステオパシー

オステオパシーは、1874年にアメリカ人医師であるアンドリュー・T・スティル博士によって発表された手技療法です。
アメリカでは、医師の権限が与えられた本物のドクターとして活躍しています。

オステオパシーは、関節・筋肉・筋膜・内臓機能等のバランスを、
手を使って整えて、身体の様々な不調を改善させます。自らの治癒力を引き出す療法です。

オステオパシーとカイロプラクティックの施術は少し異なります。
例えば、坐骨神経痛の痛みを取るときに、
痛みが太腿の後面に出ている場合は、直接太腿に施術しないで、「症状の元」に対して施術を行います。
しかし、オステオパシーは身体を「一つのユニット」として考え、
坐骨神経痛の原因が腰椎にあっても腰椎だけではなく、身体のあらゆる部分を対象とします。
背骨の施術 例えば
・骨盤・仙骨・股関節
・腰椎・背骨・頚椎
・体の歪み
・四肢を含む全ての関節
・四肢を含む全ての筋肉
・頭蓋骨
・痛みを感じる情報の伝達異常(神経系のバランス)
・体液循環(脳脊髄液や血液・リンパの流れなど)
・内臓を支えている筋肉や靭帯等など
これらを総合的に調整して、人間が本来持っている自然治癒力を最大限に発揮させるように施術するのが
オステオパシーの目的です。
どちらが優れているとかではなく、その人に合った施術を選んでいきます。

坐骨神経痛の施術で、急性の時は、ほとんど患部に触れる事が出来ません。
そのような時にオステオパシーテクニックの間接法(誇張法)を使うと、
身体への負担も軽く、痛みも、早く軽減します。
この間接法(誇張法)は、自動運動を検査し、
動きやすい方(動きやすい方にずれている)にわずかに動かすことにより、正常な状態に戻します。
オステオパシーテクニックの中でも一番ソフトなテクニックです。
これは、自然治癒力を引き出し快復させる無痛療法です。

坐骨神経痛や慢性の腰痛にも効果が高いとされています。

ストレイン&カウンターストレインと言うテクニックがありますが、
坐骨神経痛や急性のギックリ腰を無理なく改善する施術に、筋解放テクニックです。
「緊張と逆緊張」という意味があります。
例えば、ギックリ腰でうつ伏せも仰向けも辛い時には、
椅子に腰掛けた状態でも施術できるテクニックです。
6方向の動きを検査して、一番動きのある方向(楽な方向)へ体を動かし、
90秒保持した後に、元の位置までゆっくり戻します。
この操作により硬直していた筋肉が緩み、痛みから解放されます。
様々なテクニックで、お客様の痛みを改善いたします。

オステオパシーテクニックには色々な種類があります
直接法テクニック
ずれている方から良い方向に関節に動きをつけ、正常な位置へ持っていく

間接法(誇張法)
軽い力で、ズレているものをよりずらして、自然治癒力を引き出し組織の緊張をとる

スラスト
ボキボキさせて関節をスムーズに動かす施術法

ストレイン・カウンターストレイン
圧痛点が和らぐような姿勢をつくることで組織の緊張を取る

筋肉エネルギーテクニック
力を利用して筋肉や関節を緩める

内臓マニピュレーション
内臓の機能を回復させるために、腹部や胸部を刺激して内臓を活性化させる

頭蓋仙骨療法(CST
頭蓋や仙骨に異常な動きをもたらす力学的関係から生じる髄膜への作用を通じて、
中枢神経系および末梢神経系に正常な機能を回復させることを意図した施術です。
後頭骨、胸郭出口、横隔膜、骨盤隔膜、骨間膜の緊張を取り脳脊髄液の流れを良くする

渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160