渋谷・かたリラックスのキネシオテープ-坐骨神経痛の筋肉強化



かたリラックス 聞いて・試して 身体のゆがみ情報館 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

坐骨神経痛の施術後に、かたリラックスはテーピングで筋肉の補強をします

坐骨神経痛に有効なキネシオテーピング

キネシオテープ

テーピング

坐骨神経痛に、テーピンクも効果的です。
当院で施術後に必要に応じてテーピングしています。
テープを貼る事で痛みが軽減する医療用のテープのキネシオテープです。
坐骨神経痛の痛みが出ている時に、その痛みの走行ラインにテープを貼ります。
このテープは一定の伸縮性と、身体にフィットする粘着性があり、
筋肉と同じ30〜40%の伸縮率を持ち、
別名「人工筋肉テープ」とも呼ばれています。
このキネシオテープを貼る時は、坐骨神経痛の痛みが出ている筋肉を見つけて、
その筋肉の起始から停止まで貼ります。
貼り方は、初めに筋肉の緩みの状態で貼り、次に筋肉を伸ばした状態でテープを貼っていきます。
このように貼る事で、テープにたくさんのシワがよりますが、
このシワが効果を発揮します。

皮膚には、皮膚割線(真皮層の繊維組織の走行と排列に起因して生じる線)と呼ばれる横ジワがありますが、
このシワを断ち切るように貼る事で、身体を動かすたびに、皮膚に刺激を与え、
リンパ液や血液の流れが良くなり、症状の緩和や改善を促すことが出来るのです。
また、同時に筋肉の補強にもなります。

稀に皮膚の弱い人は、かぶれる事がありますので、痒みが出た場合は、すぐに剥がして下さい。
汗のかく時期にはかぶれやすいです。
キネシオテープは 貼ったまま体を自然に動かすことができますので、普段の生活に支障が及びません。
貼ったまま、4〜5日は大丈夫です。
お風呂上りは、タオルで水気をとった後にドライヤーで乾かして下さい。

坐骨神経痛・腰痛以外にも色々なキネシオテーピングの張る方法があります。興味のある方は、お聞き下さい。

部位によっては自分でも貼りかえられるので覚えておくと便利です。

坐骨神経痛に効果的なテーピング

脊柱起立筋テープ
3つの筋肉から成り、脊椎を支える筋肉
腸肋筋 外側の筋群
最長筋 中間内側の筋群を
棘筋 最内側の筋群
テープ

仙棘筋テープ
脊椎の両側にある筋肉
前屈した時に腰が痛い場合や、背中から腰に負担の掛かるスポーツや作業をする人に効果的
テープ2

梨状筋テープ
股関節(大腿骨の大転子)から仙骨についている筋肉
脚の外旋筋で内閉鎖筋、外閉鎖筋、大腿方形筋、上双子筋、下双子筋などと一緒に働く テーブ3

また大腰筋テープ や大腿四頭筋テープ も効果的です。

渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160