坐骨神経痛の検査の流れ



かたリラックス 聞いて・試して 身体のゆがみ情報館 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

坐骨神経痛の原因追究に検査が必要です

当院の坐骨神経痛の検査

渋谷・かたリラックスの坐骨神経痛の検査

姿勢の歪み 施術前の姿勢の検査は、とても重要です。立位で前方、後方、側方の3方向から行います。
この検査により身体の歪みや、あなたの身体の状態が確認できます。
坐骨神経痛は、痛みの部分だけを診るのではないです。
全身に潜む原因を調べて施術していきます。

(1)姿勢分析
立位で後ろ・横・前から見る
・耳の高さ
・首の傾き
・肩の高さ
・肩甲骨の高さ
・肩甲骨の開き(どちらの肩甲骨が脊柱よりにあるか)
・腕の開き(どちらの肘が曲がっているか)
・骨盤の高さ
・臀部の傾き
・股関節の高さ
・足の位置(どちらの足が前にあるか)

筋肉の硬結 (2)カウンセリング
坐骨神経の痛みの部位のお尋ねします
●何処が痛いのか
・腰からお尻、大腿の外側と膝まで
・腰から臀部や坐骨
・坐骨
・お尻
・お尻から大腿の外側と膝まで痛い、しびれる
・お尻から大腿の外側と足首まで
・お尻から大腿の外側と足首、足指
・お尻から大腿の後面
・お尻から大腿の前面
・すね・ふくらはぎ
・足の裏がしびれる
・足の裏がふわふわする
・大腿の内側
・足裏の違和感

右の坐骨 ●どのような姿勢で痛みが出るか
・座位・立位・横になっていて
・前傾姿勢
・身体を起こそうとする時
・歩行時
・足を開脚する
・身体を横に倒す

●どのような姿勢が一番楽

●いつから痛み・しびれが出たか

●いつ辛い
・朝・昼・夜
・一日中辛い

股関節内側 ●何か思い当たる原因

●病院で検査を受けたか

●レントゲンやMRIの検査の結果

●病院以外で施術を受けたか

●内臓の病気の有無

●既往歴
・過去に同じような坐骨神経痛がある
・ギックリ腰を起こした事がある

(3)整形外科学的検査
これは、基本的に道具や機械は使わずに、お客様の訴えている状態から判断して、身体を曲げたり、捻ったり、
関節を動かしたり圧迫する事により坐骨神経痛の原因を見つける方法です。
●SLRテスト
 神経根の圧迫があるかを検査するテストです。
 仰臥位で膝を伸ばした状態、下肢をゆっくり90°か、
 痛みが現れる位置まで挙上する  腰部の局所痛→椎間板の損傷を疑う
 臀部・大腿後側に放散痛がある場合→坐骨神経痛症状、椎間板ヘルニアを疑う
 膝の後側のにぶい痛み→屈曲筋の伸展痛(伸ばした痛み)
SLR
骨盤の検査 ●ラセーグ テスト
 仰臥位で股関節屈曲、膝関節屈曲し、痛みが現れる位置まで伸ばす
 股関節と膝の両方屈曲時に痛みがなく、
 膝だけを伸ばして痛みが現れた時→陽性を意味する。SLRテストと同じ
●ブラガード テスト
 仰臥位。SLRテストの肢位で痛みが現れた時に、
 5°下げて足関節をそらせる
 足関節の背屈は、坐骨神経をけん引することになり、
 大腿後側や下腿に痛みが現れたとき→根性の座骨神経痛を疑う
●ゲンスレン テスト
 仰向けに寝かせ膝を曲げて大腿をベッドに押し付けるように押さえこみ、
 患側下肢をベッドの端から出して、患側下肢を過伸展させる
●マイナー兆候
 座位。立ち上がるよう指示
 腰痛がある時は、痛い側を曲げたままの状態で、
 良い側のみで立ち上がろうとする
 痛みがある側を無意識に手で押さえたりする
 起立時痛は、根性の坐骨神経痛を疑う
●ナクラステスト
 腹臥位。下腿を持ち、膝を曲げ、踵を臀部に近づける
 尻部の痛み→仙腸関節の障害
 腰部の痛み→椎間板の障害を意味する
  (大腿部や膝の痛みは大腿四頭筋が張っているため)
●骨盤不安定テスト
 側臥位。腸骨を下方に強く押し、仙腸関節を圧迫する
 痛みが出れば陽性
●パトリックテスト
 仰臥位。片方の下肢をあぐらの形に曲げて、
 上前腸骨棘と膝を手で押さえて押し広げる
 股関節に痛みがあれば、炎症などの異常
●仙腸関節可動性テスト
 立位で膝を曲げて大腿を上にあげると骨盤は後方に動くのが正常だが、
 上後腸骨棘に当てた指が下方に動かない
●PI腸骨テスト
 仰向け寝。膝を曲げて股関節が90°になるまで屈曲する
 その膝頭にもう一方の手掌を当てる
 PSISの前方移動を感じない→後方腸骨または、股関節障害の疑い
PI腸骨検査
●AS腸骨検査
 仰向け寝。膝を曲げて、大腿部が腹部につくように屈曲する
 その膝にもう一方の手掌を当てる
 PSISが僅かに後下方に動かない→後方坐骨
 痛みを感じる時→可動性亢進又は、股関節障害の疑い
AS腸骨検査

後方坐骨の検査
(4)自動運動の検査(痛みの出現検査)
前屈・後屈・左右の側屈・左右の回旋・左斜前方・右斜後方・右斜前方・左斜後方の10方向で、
どの方向で、どこにに痛みが出るかを検査します。
これにより腰椎(腰の骨)の変位が判断できます。

坐骨神経痛は、色々な原因があるので、検査がとても重要です

施術後に再度検査して、痛みの改善を確認していただきます。
(坐骨神経痛による痛み・しびれがとれたか))
◆全ての検査後に骨盤・背骨・股関節がどのような状態か判断します。

渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160