渋谷・恵比寿のかたリラックスの坐骨神経痛の質問の一覧



かたリラックス 聞いて・試して 身体のゆがみ情報館 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

坐骨神経痛のお悩みは、かたリラックスにお任せください

坐骨神経痛質問コーナー

【坐骨神経痛のよくある質問】

坐骨神経痛とは何ですか

坐骨神経痛は特定の病名ではありません。
いまだに整形外科でも、実態がわからない場合が多いようです。
坐骨神経痛は、何らかの原因で坐骨神経が圧迫され、お尻や太腿・ふくらはぎなどに坐骨神経ラインに沿って出る、 痛みやシビレといった状態そのものを指す名称です。
坐骨神経痛の早分かりコーナーをご覧下さい。

坐骨神経痛は何処に痛みが出ますか

・腰
・お尻
・お尻・大腿がしびれる
・ふくらはぎのしびれ
・お尻から脚にかけての痛みやしびれ
・太もも裏
・足の裏
・同じ姿勢をしていると腰部が痛い

坐骨神経痛の訴えは

・長時間歩くと腰背部痛 ・重い荷物を持つと腰にくる
・仰向け寝で、しびれが出る
・腰が痛くて同じ姿勢で寝ていられない
・咳で腰背部痛
・痛くて座っていられない
・前にかがめない、体を後ろへ反らすことができない
・体を動かすと痛みやしびれが起きる
・歩行が困難になる
・足に力が入らない
・スリッパが脱げやすい
・足を触ると感覚が鈍い

坐骨神経痛は改善しますか

当院の施術で、坐骨神経痛は改善すると思います。
しかし、脊柱管狭窄症や椎間板の損傷が酷く完全に神経根を圧迫している場合は、 軽くなりますが、痛みは完全には取れないと思います。

坐骨神経痛かと思ったら、どうしたらいいですか

まずお電話下さい。
その方の状態により、病院やレントゲン、MRIが必要な場合があります。
また、その方の状態により、お一人お一人に合った施術法がありますのでご相談ください。

坐骨神経痛が両方に出ていますが大丈夫ですか

多くの場合は、左右どちらかの臀部や下肢に出ますが、
腰椎が前方や後方に滑ると両方に痛み出る場合があり、重篤である可能性があります。

どんな施術をするの

カイロと言えば「ボキボキ」させるというイメージが先行していますが、
当院では問診で年齢・性別・ライフスタイル・職業・病気の本質などを考慮に入れ、
整形外科的な検査をした上で、患者様お一人お一人に合った施術法でおこなっていきます。
また、坐骨神経痛の場合は、頚椎・背骨・骨盤・仙骨・股関節を正しい位置に矯正し、
院長が独自に編み出した検査法により腰椎の変位を出し、
椎骨を1個1個矯正して痛みを取っていきます。
必要に応じて、施術後にキネシオテーピンクをいたします。

急性の場合は、どんな施術をするの

坐骨神経痛の施術で急性の場合は、ほとんど患部に触れる事が出来ません。
そのような時にオステオパシーテクニックの間接法(誇張法)を使います。
お客様の身体への負担も軽く、痛みもいち早く軽減します。
この間接法(誇張法)と言うテクニックは、お客様の自動運動を検査して動きやすい方(動きやすい方にずれている)にわずかに動かすことにより正常な状態に戻します。
オステオパシーテクニックの中でも一番ソフトなテクニックです。
また急性のギックリ腰や坐骨神経痛を無理なく改善する施術に、
筋解放テクニックがあります。
これはストレイン&カウンターストレインと言うテクニックで、
椅子に腰掛けた状態でも施術できます。

施術はどのくらい時間かかるの

初回は問診・検査、説明がありますので、25分ほどみてください。

毎日通わなくてはいけませんか

状態によっても違いがありますが、必ず毎日通わなくてもよいです。
例えば、1回目の施術後に、その日に痛みが出た方や、2〜3日後に痛みが出る方など、
その方の状態により様々です。
理想的な施術は、痛みの無い状態の期間を出来るだけ長く作る事です。
痛みが軽減してきたら、除々に間隔をあけて回数を減らしていくのが効果的です。

筋肉をつけた方がいいの

慢性的な状態で、ある程度痛みが治まっていれば、
運動やストレッチが効果的な場合があります。
相談しつつ、現在の状態に合った筋肉の強化などを行いましょう。

牽引やストレッチは効果があるの

状態によっては、逆効果の場合があります。
病院などの牽引は、腰を全体的に牽引しますので、痛みが増強する場合があります。
ご自分で牽引を試して下さい。
仰向けに寝て両膝を曲げ、両腕で両膝を抱え込み下部腰椎と仙骨にテンションを掛けます。
牽引する事により少しでも痛みが軽減すれば、効果を期待できます。
また、ストレッチは筋肉をほぐす効果は期待できますが、

坐骨神経痛全てに効果があるとは言えませんので注意して行なって下さい。

ストレスは関係があるの

腰痛の85%が、原因不明であると言われています。
そして、腰痛の大きな原因のひとつにストレスが挙げられます。
強いストレスが持続すると、自律神経のバランスを崩し、それにより血流が滞り、 筋肉の緊張を引き起こして、腰痛の原因になります。
長期間にわたる坐骨神経痛や慢性腰痛も、うつ病や心身症などが原因で起こる場合があります。
カイロプラクティツクで、脊柱・骨盤・仙骨・股関節の歪みを正常にし、硬膜の捻れを整え、『自然治癒力』を100%引き出し、 全身の神経系統を調節して、身体のバランス良い状態にしますので、ストレスが原因で起こる腰痛にも効果があります。

坐骨神経痛や腰痛のときの入浴のしかたは

・急性の場合は、長湯は厳禁です。
・慢性的な場合は、ややぬるめのお湯にゆっくりとつかり、
腰部を静かに揉みほぐすようにします。
入浴後に臀部や腰、太腿、ふくらはぎなどをマッサージをすると一層、効果的です。

スポーツは腰に悪いの

ゴルフやボーリング・テニスなどの球技は一方向の動きになるので、腰には良くありません。
逆フリの癖をつけましょう。
またどのスポーツもやり過ぎると腰に負担が掛かりますので注意して下さい。

寝る時に腰に負担が掛からない楽な寝方はありますか

一般的には、腰が痛い時は横向きで海老みたいな姿勢で腰や膝を曲げて寝ましょう。
また、仰向けで膝を曲げ、その下に毛布などをクルクル巻き布団の両サイドに挟み込んで寝ると、 腰に負担が掛からないです。

渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160