これを見れば坐骨神経痛が分かります



かたリラックス 聞いて・試して 身体のゆがみ情報館 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

坐骨神経痛の基本を、かたリラックスが説明します

坐骨神経痛早分かり

坐骨神経痛

坐骨神経痛坐骨神経も脊髄神経から伸びたものです。
腰痛で悩んでいる方なら坐骨神経痛という言葉を耳にされたことがあると思います。
実は、この坐骨神経も脊髄神経から伸びたものです。
腰髄神経の下2本(第4・5腰髄神経)と(第1仙髄神経)が背骨の外で一つになってつくられた太い神経が坐骨神経で、おもに膝から下の筋肉や皮膚に分布しています。

坐骨神経は、体の中で最も太い神経です。
腰椎から下方の知覚をつかさどる大きな末梢神経で、この支配領域に沿って痛みがでるのが「坐骨神経」です。
坐骨神経の原因にはいろいろありますが、一番多いのは 腰椎の曲がりと骨盤の歪みによる神経圧迫で、
これが実に95%を占めています。
腰痛をともなうことも多く、症状が強いと痛みで歩けなくなるようになります。

坐骨神経には二つの流れがあり、一つは左脚、もう一つは右脚を下降しています。
坐骨神経の神経根は、下部脊柱にあります。
坐骨神経圧迫も原因ですが、下背部の椎骨間の脊椎神経根が圧迫されることでより多く起きます。
脊椎神経根は、背中側の後根とお腹側の前根があり、
後根の神経根を圧迫すると同位側に激しい痛みがあり、
前根の神経根を圧迫すると反対側に痛みが出ます。下部脊柱は、もっとも障害が起こりやすい場所です。
坐骨神経はその神経の走行に沿って痛みやしびれがあらわれます。

痛みは殿部から大腿部の後を通って下腿へと現れ、
下腿では後ろから足底にかけて痛む場合と、膝の前から足背にかけて痛む場合とがあります。
全ての人がこのようになるわけではなく、人によっては殿部の周りだけ痛むなど部分的な事もあります。
また一般的には一側性ですが、糖尿病などの代謝性の疾患によるものや、
腰椎の変位、特に4番5番が前方(お腹側)に入り込み神経根を圧迫していると両側に痛みが出ることがあります。

坐骨神経痛は、脊髄神経の神経根の圧迫により、筋肉が硬直して、痛みが出ているのです。
この痛みは、一個一個の腰椎の正確な変位を出し、正常な位置に矯正して、神経根の圧迫を取らない限り完治しません。
そこで、自動運動の検査法で、どの椎骨に、どのような変位があるかを調べます。
腰椎は、胸椎と異なり浮遊骨のため、自動運動の検査で、痛みの部位が変わります。
前屈・後屈・左右の側屈・左右の回旋・左斜前方・右斜後方・右斜前方・左斜後方で何処に痛みが出るかを検査します。
例えば、
●右回旋で右側の大腿の外側より足首まで痛い・・・これは同位側、腰椎5番後根の神経根の圧迫が原因
●右回旋で左側の大腿の外側より足首まで痛い・・・これは反対側、腰椎5番前根の神経根の圧迫が原因
●右斜後方で右側の大腿の外側より足首まで痛い・・・腰椎の後下方変位で、腰椎5番後根の神経根の圧迫が原因
●右斜前方で右側の大腿の外側より足首まで痛い・・・腰椎の前上方変位で、腰椎5番前根の神経根の圧迫が原因
このように、全ての方向を検査して、腰椎・仙骨の何番が影響しているかを、神経支配で、ある程度判断できます。
更に、触診検査で一個一個変位を確認し、正常な位置に矯正します。この時点でほとんどの痛みは、消失しています。
仮に他の症状でも、痛みは半減しています。
しかし、腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアで、髄核が完全に神経根を圧迫している場合は、病院でご相談下さい。

坐骨神経痛の出方

神経痛が出てる足は疼痛性の跛行(はこう)といって、ひきずるような歩行をしてきます。また痛みのある側は血行が悪い為に冷えが生じて、冷たくなります。痛みが長期間に及ぶと合併症として、お尻の筋肉が萎縮する人もいます。
坐骨神経痛の症状で苦しんだことのある誰もが、坐骨神経からくる痛みは人生で最もつらい経験のひとつであると口をそろえて言います。なぜならば、他に全く例えようのない痛みで、何かと比べる事が難しいからです。あえて言うなら、歯痛の中で最もひどい神経を直接、麻酔無しで刺激されることを思い浮かべてください。


坐骨神経痛の原因は

腰・下肢の冷えから神経痛は湿気と寒さを好みますので、季節的な事と気圧の変化も影響してきます。
身近に起こる事で言えば、慢性腰痛症の人は足や腰が冷えやすいので、坐骨神経痛になりやすいです。また腰椎症(変形性、すべり症など)も冷えによってさらに神経痛が増強します。


坐骨神経痛の自己診断法

1.お尻から足にかけて激しく痛む
2.何年も前から時々背部に痛みを感じる
3.便秘がち
4.腰部に痛みが長期間続いたことがある
5.重い物を持ち上げると、おしりに痛みを感じる
6.長時間立っていたり、座っていると腰部が痛くなる
7.長時間歩くと腰背部が痛い
8.咳やクシャミをすると腰背部がひどく激しく痛くなる
9.寝ている時、腰背部が痛くなり姿勢を変えたくなる
10.朝起きたとき腰背部がひどく痛い
11.1日の終わりに足がひどく痛む


自分で簡単に出来る坐骨神経痛の自動運動の検査法

前屈で腰部とお尻、ふとももの外側、足首まで痛みがある
前屈でお尻に痛む
前屈でふとももの後面また内側に痛い
後屈で腰部とお尻、ふとももの外側、足首まで痛みがある
後屈でお尻に痛む
後屈でふとももの後面また内側に痛い
左回旋で左の腰またはふとももの外側、足首まで痛みがある
左回旋で右の腰またはふとももの前面、外側、内側に痛みがある
右回旋で右の腰またはふとももの外側、足首まで痛みがある
右回旋で左の腰またはふとももの前面、外側、内側に痛みがある
左側屈で左の腰が痛い
左側屈で右の腰が痛い
右側屈で右の腰が痛い
右側屈で左の腰が痛い
左斜め前屈で左腰、お尻、左足に痛む
左斜め前屈で右腰、お尻、右足に痛む
右斜め後屈で右腰、お尻、右足に痛む
右斜め前屈で右腰、お尻、右足に痛む
右斜め前屈で左腰、お尻、左足に痛む
左斜め後屈で左腰、お尻、左足に痛む

上記はすべて坐骨神経の症状ですが、他の病気とも共通している場合があります。
当院は坐骨神経を専門に23年前より施術していて、5万人の臨床実績があります。
院長が独自に編み出した検査法により、椎骨の変位を出し椎骨を1個1個矯正し、痛みを取っていきます
ほとんどの方が一回の施術で痛みが軽減しています。


自分で簡単に出来る坐骨神経痛の予防法

(1) 長時間、椅子に座っている時に、
右足の短い人は右側のお尻の骨(坐骨)に、左足の短い人は左側のお尻の骨(坐骨)に体重をかけて座っているはずですから、両方のお尻の骨に左右均等に体重がかかるように注意して座るようにして下さい。

(2) 長時間、畳または床に座っている時に一番良くない座り方は、
正座をくずして座る横座り、ペタンコ座り、両膝を立てて座る体育座りです。
一番良いのがきれいな正座です。
長時間の正座が辛い場合は座椅子を使って足を投げ出すか、まだあぐらの方が良いと思います。

(3) バッグを手に持つ肩から下げるには、左右均等に持ったり下げたりするように。

(4) 食べ物を噛む時に、左右均等に噛む。

(5) 就寝時に仰向けに寝るのが辛い場合は、両膝を高くすれば楽になるので、毛布を2枚ぐらい重ねてくるくる巻き、その上に膝がくるようにセットして寝て下さい。

(6) ゴルフや野球をする場合、一方向の動きが多いので合間を見て逆ふりをする。

(7) パソコンを見る場合、正面に画面キーボ−ドくるようにする。

(8) 仕事で一方向の姿勢または動きが多い場合、出来るだけ左右均等にするように注意。

上記以外にもいろいろありますが、ご自分で一度普段の癖や習慣をチェックして片寄った癖や習慣があったら左右均等に注意することが一番の予防になります。

※腰痛等の症状が軽減、消失しない場合には、滞在的に器質的疾患を有している可能性があるので、医療機関において検査を受けて下さい。

↑ ページのトップへ

渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160