坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛のかたリラックス 連絡先
ヘッダー
都内唯一
坐骨神経痛とは

坐骨神経痛の基礎知識

坐骨神経は、腰椎(腰の骨)から出た神経と、仙骨から出た神経とが合わさった長くて太い神経です。
梨状筋の下を通り、大腿の後ろの真ん中を細かく枝を出しながら下り、 膝の裏でふくらはぎとすねの骨の外側(小指側)に大きく二手に分かれて、 さらに足の甲、足の裏まで分布しています。
坐骨神経の主な働きは、運動に関しては、 脚を後ろに伸す・膝を曲げる・足首の伸展などです。
歩行や、立ち姿勢保持では、大切な役割を担っています。
感覚に関しては、お尻から大腿の裏側、ふくらはぎ、すね、 足という広い範囲をつかさどります。


坐骨神経痛とは、お尻から大腿に鋭い痛みを感じるものです。
実は、坐骨神経痛というのは、疾病名ではないです。症状に対する名前です。
整形外科で、一番多い悩みが腰痛ですが、次に多いのが坐骨神経痛と言われています。


坐骨神経は、末梢神経の中で一番太く長い神経です。


脊髄から枝分かれして下肢に伸びる神経で、足の知覚や運動を司っています。
脊髄から枝分かれした神経の根は、椎間孔という関節間で形成される孔から出て、 坐骨神経を構成します。
大腿の梨状筋の下から膝の裏を通り、さらに総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。
この神経の根が圧迫されたり、刺激されると、 神経に沿って大腿後面にしびれや、はり感、感覚の鈍さが現れるようになります。
神経が、腰の骨(腰椎)からお尻の筋肉の間のどこかで圧迫を受けた場合に、 痛みを感じると坐骨神経痛となります。


「坐骨神経痛」という言葉はよく聞くけれど、どうもよくわからないという方が多いです。
坐骨神経痛は、骨・関節・筋肉が関係して、痛みが坐骨神経の走行部に起きます。
お尻の片方だけ、ふとももの後面・ふとももの側面・ふとももの内側、ふくらはぎの痛みや、 下肢部分のしびれ、足の感覚が鈍くなる、歩行が辛い 等にもなります。
お尻から大腿の後ろ側にかけて鋭い痛みが走り、かかとや足の裏まで痛みがあるケースもあります。
痛みの現れ方は発作的ではなく、連続して起こるのが特徴です。
腰痛の中でも、皮膚に近い部分に痛みが走ると感じられるようです。
これは、坐骨神経が悪いのではなく、原因は違うところにあります。


2種類の坐骨神経痛
根性坐骨神経痛と、症候性坐骨神経痛です。
根性坐骨神経痛は、いわゆる神経痛のことです。
症候性坐骨神経痛は、症状は坐骨神経痛なのですが、原因がまだ解明されてません。
特徴は、お尻の筋肉が非常に硬くなっていることで、判断する場合が多いです。
原因が解明されていないことから、これに対する予防はとても大事になります。
腰に負担をかけすぎないこと、重いものを無理に持ち上げたり、中腰での作業に注意しましょう。
日頃の悪い姿勢や生活習慣が坐骨神経痛を作ります。

坐骨神経痛は、仕事や日常の生活習慣が大いに影響を与えています。
施術についてですが、無理なマッサージやけん引は、筋肉を硬化させるおそれがあります。
筋肉はその末梢神経が微妙で繊細のために、筋肉の拘縮を解放するには非常に熟達した技術が必要です。
カイロプラクティックは、ソフトに対応する最適な施術法と言えます。
渋谷・恵比寿で、坐骨神経痛の施術を得意としているカイロプラクティックです。安心してお任せ下さい。  

坐骨