坐骨神経痛の改善には、かたリラックスのカイロプラクティックが適しています



かたリラックス 聞いて・試して 身体のゆがみ情報館 猫のポーズ 自分でできる坐骨神経痛解消の秘密

坐骨神経痛は、カイロプラクティックで解消します

カイロプラクティック用語集

カイロプラクティックとは

左回旋

カイロプラクティックは、カナダ生まれの米国人、DDパーマー(ダニエル・デービッド・パーマー)によって1895年に創始された徒手療法です。
彼が設立したアイオワ州ダベンポートにあるパーマー・スクール・オブ・カイロプラクティックを卒業した川口三郎により、1916年に日本へ伝えられました。
現在、世界80ヶ国以上に広まり、アメリカやイギリスなど34の国と地域で法制化され、
国連のWHO(世界保健機関)でも法制化されています。
カイロプラクティックの「カイロ」はギリシャ語で、「手」で、プラクティックは「治療」を意味します。薬や手術に頼らず、手による施術により人間の自然治癒力を最大限に発揮させる手技療法です。
日本でも、カイロプラクティック院は沢山あります。渋谷・恵比寿にも多いです。
私達の身体は神経系によって、コントロールされています。健康な身体を維持するには、脳からの神経伝達が正しく行われていなければなりません。
『自然治癒力』は、脳の中枢神経から発され、脊髄や手足の神経、内臓への自律神経を通り、全身に行き渡ります。
しかし、脊柱の椎骨にズレが起こると、神経伝達が阻害されて、健康なバランスの整った状態を崩し、
さまざまな不調がでてきます。
カイロプラクティックは『自然治癒力』を100%引き出し、健康を維持して、不調にならないようにその原因を施術いたします。
特に、脊柱・骨盤・仙骨の歪みを正常にし、硬膜の捻れを整え、全身の神経系統を調節して身体のバランスを戻します。
身体に優しい施術法ですので、若い女性や体力に自信のないおばあさま、成長中の小さなお子様まで安心して受けることができるのが特徴です。


カイロプラクティックと背骨の働き

背骨の働きが、いかに重要かをお伝えいたします。
カイロプラクティックで重要視する部分は「脊椎」、いわゆる「背骨」です。
脊椎には脊髄中枢神経という脳から身体へと広がる最も重要な神経の束が走っていて、
その脊髄中枢神経からは肩、胸、腕、腰、足、と身体の各部位へと広がる「末梢神経」という神経が伸びています。
脊髄とはまさに全身に広がる神経の出発点であり、重要な器官です。
背骨は単一の骨ではなく、椎骨(ついこつ)という骨の集合体です。
椎骨が縦に24コ繋がって背骨を形成しています。頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個。
その下に仙骨・尾骨があります。
脊髄は、成人で、おおよそ第一腰椎と第二腰椎の間で終わり、それより下位の脊柱管の中は、脊髄神経の束(馬尾神経といわれる神経の束)が通っています。
直立時の背骨は、正面から見ると真っ直ぐですが、横から見るとゆるやかなS字状にカーブ(首の部分は前方に、背中の部分は後方に、腰の部分では前方)した構造になっています。
椎骨の間にあるのが『椎間板』です。
この鎖のような構造が背骨の大きな特徴です。「柔軟」で「丈夫」という相反する特徴もあります。
背骨は、人の身体のなかで一番自由に動き、丈夫であるというすばらしい構造をもっています。
背骨の役目
柔軟な骨
この構造に関連して背骨は特別な二つの役目をもっています。
■神経を通す管としての働き
■身体の支える働き
背骨は身体の中で、バランスを崩しやすい部分でもあります。
背骨におけるバランスの崩れが「背骨のゆがみ」です。
背骨にゆがみができると、全身にいろいろな不調が起きます。なぜなら上記2つの機能がうまく働かなくなるためです。

●神経を通す働き
 背骨は神経を通す管(くだ)としての役目
カイロプラクティックでは、背骨を大変に重要視しています。
背骨の中は管のようになっています。管の中を通っているのが脊髄(せきずい)です。
脊髄は脳から出てくる神経の束。
もし脊髄が傷つくと、身体に大きな影響を与えます。脳に近い神経ほど影響が大きいです。
全身の神経は脊髄から枝分かれして伸びているので、神経の根元で傷を受けると、その枝先の全てに影響が及びます。
ですから脳は硬い頭蓋骨でおおわれているのです。
しかし背骨の中の脊髄は、曲がったり捻ったりします。脊髄を守る事ができるのは「柔軟」で「丈夫」な背骨だけです。

◆背骨にゆがみができると、どうなるか?
全身の神経は脊髄から枝分かれしています。
枝分かれした神経は、背骨の継ぎ目から背骨の外に出ていきます。
この神経の出口を椎間孔(ついかんこう)といいます。
背骨のゆがみができると、この椎間孔の部分で神経を圧迫してしまう場合があります。
すると、その先の神経に痛みや機能低下が起きます。
例えば「坐骨神経痛」は、腰椎のゆがみからおきる場合や、
手のしびれは、頚椎のゆがみから起きる場合もあります。 背骨はとても大切です。

●身体を支える働き
 背骨は身体を支える役目
二本足で直立する事は人間の大きな特徴です。
四本足で身体を支える他の動物と違い、手が自由になるので優位な点が多いですが、
"身体を支える"という点では人間の方が不利です。
二本足だけで身体を支える為には、身体に強い支柱が必要となります。
支柱としての役割を担っているのが、背骨です。
人の背骨は、四足動物と異なり、特有の彎曲を示しています。
これは、二足歩行の生活がもたらした結果によるもので、乳幼児では脊柱全体が軽い後彎ですが、
成長するにつれて成人になると、頸部と腰部が前彎、胸部と仙部が後彎を示すようになります。
身体を支えている背骨は、椎骨と椎間板が連続的に積み重なる構造と、
緩やかにS字カーブすることで、外部からの衝撃や体重の負担を和らげています。
◎姿勢が良い女性は、美しいです。

◆背骨にゆがみができると、どうなるか?
歪んだ背骨で、身体を支える事はとても難かしいです。
それでも、身体を支えないといけませんから、その負担は他の身体の部分にかかってしまいます。
これが坐骨神経痛や身体の痛みの原因になります。
左右片側に痛みが集中している場合は、背骨のゆがみが原因になっている事が多いです。
痛みが出るだけでなく、見た目も美しくはありません。
背が品位・高いに関係なく姿勢のよい女性こそ綺麗です。
カイロプラクティックで、どうして背骨を重要視するかご理解いただけましたでしょうか。
神経を通す管としての働きと、身体を支える働きを担っているためです。
歪まないために


カイロプラクティックと整体の違い

整体は、基本的に東洋医学や日本の武道医学(柔術、柔道、骨法等に伝わる手技療法)の手技療法です。
ちなみに、整体とカイロは同じ療法ではありません。
整体は日本で生まれた手技療法。カイロはアメリカで生まれた手技療法です。
カイロプラクティックは、科学的・医学的に裏付けたられた療法です。
西洋医学では「薬」が使われます。薬には効果があります。が、同時に副作用もあり、
身体自身の治癒力の低下という結果も招いています。
一方、カイロプラクティックでは薬を使いません。手をつかって身体に働きかけるのみです。
そのおかげで副作用はなく、身体の治癒力は高まります。カイロプラクティックは身体にやさしい療法です。
神経の流れは、骨・関節・筋肉と深い関係がある。
骨に歪みなどの異常があると、神経に影響を与えるし、
関節に異常があると、骨の動きが悪くなって神経への正しい刺激が減る。
筋肉に異常があると、骨や関節がうまく動けません。
このように神経・骨・関節・筋肉はお互いに密接に関係しています。
施術前の検査で、関節の可動域を詳しく調べるのもカイロプラクティックならではです。
接骨院とカイロも混同されがちですが、全く異なるものです。
接骨院は、柔道整復師という資格のある人が開く治療院で、
柔道・柔術から生まれました。以前は、ほねつぎとして知られていて、保険適用です。
主に打撲、捻挫、骨折、脱臼などの怪我を治療する職種です。
しかし、怪我をした患者さんは整形外科を受診することが多く、接骨院の経営が成り立ちません。
そのため本来業務外であるはずの腰痛や肩こりなどの慢性的な障害も扱っているようです。
坐骨神経痛の改善には、カイロプラクティックが一番適していると思います。


カイロプラクティックの定義

カイロプラクティックは哲学、科学、芸術の集まった自然の法則に沿った療法です。
それは骨格構造、特に脊椎や骨盤に著われる異常に対して、手を用いて矯正し、
生体の神経生理機能の改善を図り、健康の回復と増進に寄与するものです。
身体が満足すると、心も満たされます。
健康で笑顔で生きるためには、心と身体のバランスがとれている事が重要。
そして二つを結ぶには、自律神経のバランスを整えることです。
カイロプラクティックは、痛みや坐骨神経痛のしびれを楽にする効果がありますが、
骨盤・背骨を良い状態に矯正することにより、自律神経のバランスを整えられます。
自律神経の乱れによる身体の不調は沢山あります。
身体を整えて、心が楽になる。
カイロプラクティックがストレス軽減に効果のある理由です。


カイロプラクティック用語集

アジャストメント
背骨の問題のある箇所に対して、手によって矯正を施すこと。
背骨の問題箇所の状態をみつけて、瞬間的に矯正する。
その際適切なコンタクト、適切な矯正の方向と深さ、身体に負担をかけないような瞬間的な矯正スピードが必要とされます。
熟練された手技によるアジャストメントは、人間の持つ自然治癒力を最大限に引き出しすばらしい効果をもたらしています。
正しいアジャストメントは無理なく痛みも伴わないで、おこなわれます。
坐骨神経痛改善の腰椎のアジャストは一瞬です。

オステオパシー
カイロプラクティックの誕生より20年ほど前に米国で発表された手技療法
欧米諸国ではカイロプラクティックと同じく、施術者はドクターとして認められ、
現代医学と同等の立場で医療現場において活躍している

可動性亢進
可動性が本来の可動域を超えている状態

カンバンセイション
サブラクセイションが発生した時に、
身体のバランスを取る為に二次的に椎骨が変位して行く事

関連痛
ある痛みが、まったく関係のない所に同時に痛みを起きる事
例えば、心筋梗塞などの時に、左肩の痛みがある

クラッキング音
矯正時の「ボキッ」という音。
「ボキッ」という音は、関節腔内で気泡がはじけた時に出る音

サブラクセーション
日本語に訳すと「亜脱臼」の意味
しかしカイロの世界では、サブラクセーションは「背骨のゆがみ」を意味する
関節の構造的・生体力学的・神経学的な機能異常と言える

靭帯
関節を保護している硬い弾力性のある組織。背骨の関節にも、もちろん靭帯がある
背骨のゆがみにより、靭帯の弾力性がなくなってしまう場合もある

スタティックパルペーション
静止している状態で背骨を座位、仰臥位、伏臥位で触診し、 背骨のゆがみを調べる方法
スタティックパルペーションのみで背骨のゆがみを検査するには限度があり、
正確さに欠けることが多い

スラスト
手により瞬間的な急圧を加えること

仙腸関節
仙骨と腸骨の間の耳状面によってつくられる関節です。強力な靱帯に保護されているが、
関節にズレがあると、色々な症状を引き起こす

フィクセーション
関節の可動性が減少または消失している状態
あるいは可動性減少関節と呼ぶ

放散痛
神経の根元で障害を受け、その枝の神経に障害が広がることで起きる痛み
坐骨神経痛で起きるや尻や足のしびれは、坐骨神経の放散痛です

マニュピレーション
「操作する」という意味があり、筋や関節の施術に用いられる整体手技テクニックのことをいう
より敏速な技術で関節を動かす
筋肉の過緊張を緩めて関節の運動を正常に整え、
神経の活動レベルを一時的に下げて深い休息を与える事で体を回復させる

モーションパルペーション
可動性検査法とも呼ばれ、関節の異常を調べる方法
この方法は背骨や手足の関節を問わず、どの関節にも用いることができ、
カイロプラクティックでは最も一般的な検査法

リスティング
サブラクセイションの状態を表す方法
S=上方、I=下方、A=前方、P=後方、R=右方、L=左方、
In=内方、Ex=外方、R=回転、L=側方などの記号を組み合わせ、
骨がどの方向にどのように変位しているのかを明示し、正確な矯正を行う指標とする
パーマー・ガンステッド方式(フルスパイン・リスティング)と、
ナショナル方式(ディバーシファイドリスティング)の2通りの方式がある

カイロプラクティック施術の流れ

渋谷・かたリラックス カイロプラクティック
東京都渋谷区恵比寿南1丁目2番10号 エビスユニオンビル602号 TEL:03-5875-1160